2005年10月31日

バッティングネットの効果

 3・4年生チームは、日曜午前中のチーム練習で実戦形式のバッティング練習をしたらしいです。(私は、1・2年生の面倒をしていました。)

 息子が言うには、「今日の練習では4打数2安打だったよ。4打数ともいい当たりだったよ。バッティングネットで練習したように、2本のツーベースはセンターよりの右中間だったよ!」と喜んでいました。

 自宅練習では、引っ張りすぎず、センターを意識して力いっぱい叩く練習をさせていました。「狙いは、センターよりの右中間にガツーン!ボールを叩けっ!」が息子と私の合言葉でした。(息子は左打者)
 バッティングネットに的が付いていたので、ネットの位置を少しずらして、的を狙い打つ練習をさせていました。

 今回のヒットは偶然かもしれませんが(私は見てないので良く分からない)、意識して打った事は間違い無さそうです。
 とにかく、練習でのツーベース2本はバッティングネットでの練習のおかげだと思っています。しめしめ。ふふっ。

 案の定、「バッティングネットでのティスタンドは続けるよ!」と言っています。これでしばらくは続きそうです。懸念していた3日坊主もクリアしています。

 今日からは、“センターよりの右中間狙い”から、“センターオーバー狙い”に切り替えました。まだまだセンターオーバー出来るだけのパワーと技術ははありませんが、近いうちに実現できるように頑張ろうなっ!って感じです。

 1週間ごとに狙いを変えてみようと思います。来週は、引っ張りかな。
 息子は、試合では、アウトコースの球を流して、左中間へのヒットが多いのです。アウトコースの球が好きなのか、追い込まれた後なので手が出てしまうのか、本人も良く分かっていないようですが…。

 とにかく今週からの合言葉は、「追い込まれる前に真ん中ストライクをセンターにドカーンッ!」に決めました。

続きを読む (頂いたコメント)
ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

親父チーム、準優勝!

 親父チームが軟式野球大会に出場してきました。

 出場チームは、社会人野球に参加してそうなチームばかり。どのチームも、ビシッと揃いのユニフォームで決めてました。
 一方、我が親父チームは、即席チーム。
 勢いで大会に申し込んだけど、少し場違い…。

 しかし、結果は準優勝!惜しくも決勝戦は5−4で敗れてしまいました。本当にいい勝負でした。

 我がチームは、ちびっ子応援団とお母さん方の応援でメチャクチャ雰囲気の良い試合運びが出来ました。
 お父さん方・コーチ達も、息子の前では良いところを見せなきゃいけないので、実力以上の力を発揮してました。

 私もタイムリーヒットが打てたので、何とか面目が立ちました。
 守備もサードを守らせてもらったので見せ場をいっぱい作れました。(張り切りすぎて、ちょっと擦りむいちゃいました…。)

 試合後、連盟の審判の方に守備を誉められちゃいました。嬉しかった。たまたま息子がそれを聞いてくれてたようで、尊敬されました。ラッキー!

 今まで、飲んでました。本当は優勝祝勝会を予定していたのですが、とりあえず、敢闘賞会と言うことで…。
 今日は、親父たちが野球小僧になった一日でした!

続きを読む (頂いたコメント)
ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

今日も明日も中止。だけど、楽しみな試合が一つ。

 今日、明日の試合はとても楽しみにしていたのに。
 
 今日の公式戦は雨のため中止になってしまいました…。ずぅーっと、中止。
 明日の練習試合(3年生のみ)も早々と中止が決定…。都合が悪くなったらしいです。

 公式戦は負けたら終わりのトーナメント。今シーズン最後の公式戦。今まで頑張ってきた事を存分に発揮して欲しい。各選手の動きをじっくり見たいと思っています。

 練習試合は、3年生同士でやる予定でした。うちのチーム3年生だけで試合をしたことがありません。
 今までは、4年生のチームに混じり4年生と戦ってきました。これはこれで3年生の子ども達には良い経験になってきたと思います。
 しかし、4年生中心の戦い方で、一部の3年生を除き、3年生が試合に出られる回数は少ないのが現状です。だから、これからは、3年生だけの練習試合を多くこなす予定です。
 実際に、3年生だけの練習試合の申し込みが殺到しているらしい。
 うちの地域は、公式戦は4年生から始まるので、どこのチームも来シーズンの準備に入っているようです。
   
 唯一、決行されそうな試合があります。明日の午後からの試合。ただし、子どもたちの試合じゃありません。
 実は、“お父さん連中”で、市民野球大会に申し込んだのです。^^
 去年から始まって今年が2回目。参加チームも少なく、どちらかと言うリクリエーション色が強い。揃いのユニフォームじゃなくても参加できますし、道具も貸してもらえます。
 我が親父チームは、クジ運良く準決勝からの出場になりました。ラッキー! 勝てば決勝、負けたら3位決定戦。2試合も楽しめます。

 明日の午前中は子どもたちの練習。午後から親父たちの試合。子どもたちも見に来るし応援してくれます。
 何が恐いって、子ども達が見てる前で失敗は出来ません。

 いつも教えていることはキチッとプレーしなくてはいけません。
 エラーでもしようものなら、子ども達から「しっかりボールを見ろぉ!」「グローブ立てろぉ!」「しっかり投げろぉ!」と罵声が浴びせられるのは間違いないでしょう。
 バッティングも頑張らなきゃなぁ…。三振だけは避けなければ…。あぁ、恐い恐い。

 コーチとして親父として、威厳が崩れないようにがんばるぞぉぉぉっ!

 そういえば、最近は、軟式C号とソフトボールしか投げてないなぁ。A号で練習しなきゃ…。って、今日雨だし…。困ったなぁ。

 明日は晴れてよ!!

続きを読む (頂いたコメント)
ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

初ヒットが待ち遠しい。

 今日は、早く自宅に帰り、先週の土曜・日曜に行われた練習試合のチームメンバー打撃成績をまとめました。

 うちのチームは、毎試合、お母さん方が交代でスコアブックを付けてくれています。二人組みで順番に当番制になっています。

 野球のルールを知らないお母さん、野球はある程度知っているけどスコアブックは知らないお母さんがほとんどです。でも、お母さん方全員で、一生懸命に覚えたり、助け合ったりして、とても心強いお母さんスコアラーになっています。

 お母さん方が一生懸命にスコアを付けているのをみて、私も何か手伝いたくなり、チームメンバーの打撃成績を細かくまとめはじめました。
 そして、時々、個人別にプリントアウトして子どもたちに渡してあげています。
 全試合のデータもついているので、思い出に浸る子もいれば、打率・長打率・出塁率をみてヤル気みなぎる子、足の速い子に何回盗塁成功したか聞きに行く子など様々です。
 ただ、野放しにしていくと調子に乗りすぎたり、自身を無くす子もいるので、『記録が全てじゃない。記録に現れない頑張りや努力がある』事も伝えることでまとめています。
 データ作成も子どもたちのフォローも大変ですが、うちのチームは、せっかくのスコアブックもあんまり活用されていなかったので、自主的に行動してみました。

 今シーズンも公式戦(トーナメント)がひとつだけです。あとは、練習試合を何回組めるか?とにかく、今シーズンの試合は残り少ないのです。

 今日、全員分のデータを眺めていて、チームメンバーで、K君(3年生)がまだヒットを打っていない事が気になりました。
 K君は、体が小さく細く、人見知りをする子です。とにかくおとなしい。そしてノンビリ屋さん。練習が終わってみんなが帰り始める頃にも、まだ後片付けをしているような子です。
 試合が終わって、並んで相手チームに挨拶する時も、遅れ気味で、ひとり小走りで駆けつける。(間に合わない事もしばしば…。^^)

 レギュラーではないK君は、打席数も少ない。現時点で14打席。四球3・死球1・三振7・犠打1・盗塁1が、主な成績。ホームベースを駆け抜けたのは2回あります。そのうちの1回は凄く印象的で今でも覚えています。
 三塁ベースを回り、小さな体で必死に走っている。外野からボールが帰ってくる。タイミングはギリギリな感じ、正直、アウトを覚悟した。瞬間、K君は滑り込みました。練習では滑り込みもぎこちないのですが、この時はとてもキレイで迫力すら感じました。 
 「セーフッ!」と主審の手が広がると同時に、小さなK君は大きくジャンプしました。あのおとなしいK君が大きくジャンプした! 両手を上げ、満面の笑みで!!
 その笑顔のままベンチへ一目散に走ってきました。ベンチ全員が“ハイタッチ”の準備万端で呼んでいる。「K、ナイス!」「やったーK!」
 みんなとハイタッチ(メットもバシバシ叩かれて)しているK君は、本当に嬉しそうでした。

 少し前、K君の守備練習を間近でみました。ライトを守っています。(ライト以外は守った事が無いかもしれない。)
 K君は「ライトが好き。」と言っています。好きなだけあって、ライトの動きは素晴らしい!ボールを捕る事は、まだまだ練習が必要ですが、カバーが素晴らしい。どの方向に打球が飛んだらどこへ動くかが、自然に出来ています。
 K君は、いつもみんなの後に隠れているが、その後でみんなの動きをじっくり見ているのかもしれない。
 試合でも、K君のカバーで失点を食い止めた事もあります。ライトフライを捕ったことも1度あります。そんなK君が可愛く、憎めないのです。

 今シーズン、ヒット1本でもいい。打って欲しい。1塁ベース上でのK君の笑顔が見たい。
 K君の初ヒットの打球の軌跡はどう描かれるのか…。初ヒット…、K君が打撃で生まれ変わる瞬間かもしれない。

 『K君が描く 初ヒットの打球の軌跡、はじける笑顔、その瞬間を見たい!』

 …見たら、泣くかも…俺。

ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

お母ちゃんノック

 今日は、息子のチームメイト&クラスメイト&ゲームメイトの子が家に遊びにきたそうです。(この二人の会話は、ほとんどゲーム…。)

 今日は、息子がバッティング練習をしながら自宅の前で待っていたようで、友達が来ても、すぐにゲームではなくて、とりあえず二人でバッティング練習をしていたそうです。

 このバッティング練習が終わりかける頃(そろそろ家に入ってゲームをしようとする気配がした頃)、うちの妻がバットを持って「ノックしたる!」と外に出て行ったようです。
 ノックなんてした事がないのに、よく言えたなぁ、と驚きです。
 妻が言うには「ゲームだけはやらせたくなかった!」ということです。^^
 野球、というか運動が苦手な妻をここまでやらせる“にっくきゲーム”の存在のようです。^^

 友達が帰るまで、ノックが続いたそうです。ある意味、妻は鬼コーチ?
 友達が帰った後も、妻と息子はキャッチボールをしたそうです。
 どうしたの母ちゃん?最近、野球に対しての行動が凄いじゃん!!って感じです。

 妻が夕食支度の為に家に入った後、息子はバッティングネットを引っ張り出し、しばらく打ち込んでたそうです。

 夕食時には、この会話で持ちきりでした。
息子:「お母さん、ノックがヘタクソ!」
妻: 「監督より上手いんじゃないの?!」
息子:「監督の方が上手い!お母さんのノックは変!」
私:「お母さんがノックする姿が想像できん…。」
息子:「フォームが気持ち悪い!」
妻 「なんだとぉぉっ!(怒)」
 と、たわいも無い(レベルの低い?)会話が続きました。

ありがとう かあちゃん。
がんばれよ 息子。

**追伸**
妻は、「腕が痛い。」「肩が痛い。」「体中が痛い。」と言ってます。早々と寝てしまいました。

ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。