2005年12月31日

今年最後の自主練習 総決算!

 今日の午後から、息子と2人で練習三昧で過ごしました。

 朝早く起きて、妻の車を洗車しました。午後から野球の練習に行くお許しを貰う為に、洗ってあげました。^^
 
 昼食を食べて、少し休憩してから、自宅前で素振りです。

 私のバットで50回。
 自分のバットに錘を付けて50回。
 自分のバットで50回。
 短いバットで50回。

 最近の素振りは、このメニューになりました。合計200回ですが、息子が言うには、「同じバットで200回は飽きるけど、50回づつで分けているから、楽に出来る。」との事です。

 そして、スタンドティでのバッティング練習。
 C球30球×3回
 バッティングネットに気持ち良く打ち放っていました。

 その後、新聞ボールでトスバッティング。
 新聞ボール50球×2回
 トスバッティングは、私と一緒にやる時は必ず行います。
 インコースアウトコース・高低も交えて、バットコントロールの練習も兼ねています。時々、フワァアッてトスして“タメ”の感覚も味わってもらいます。息子はこの練習が楽しいようです。

 この練習が終った頃、娘が昼寝をしました。これで外出できます。娘がいると、「わたしも行くぅ。」とうるさいのです…。

 息子と小学校のグランドに行きました。

 まずはグランド5周!
 私も一緒に走りましたが、私は2周目からはコースを半分にしました。体がなまってます…。息子は、ちゃんと5周を走らせました。

 準備運動をしてキャッチボール。 今日は特別丁寧にキャッチボールをしました。体が温まってきたので、ゆっくりと遠投もしちゃいました。

 そのまま、私が手ノックでフライの練習。右へ左へ高いフライを投げて息子を走らせてやりました。^^
 でも、息子が疲れる頃には、私の肩がやばかったです…。子どもは元気だなぁ。もっと早くギブアップしろよ。

 そのままピッチング練習に入りました。今日は15mにしました。今年は4年生の試合に出場していたので14mでのピッチングでした。来年は、5年生の試合に出るときは15mになります。だから、ちょっと練習しました。
 来年は、4年生の試合と5年生の試合があるから、試合によっては、距離が違うことになります。
 まぁ、今日の練習の感じだと、どっちも同じのようでした。

 そして、ノック。
 今日はグランドが凸凹です。でも、あえて凸凹のままノックしました。イレギュラーしまくりです。必ずイレギュラーするので、ボールに入るタイミング(バウンドする直前、またはショートバウンド)やボールに向かう位置の練習ということにしました。
 初めは、息子の体にボコボコと当たっていました。^^
でも、面白いもので5分もするうちに慣れてきてました。素早いダッシュで上手く捕れるようになりました。息子の“意地”が活きました。
たまにはこういう練習も楽しいです。

 15分くらい続けたら、息子がバテたので、いよいよバッティングセンターに向かいました。
 
 バッティングセンターは、以外にも大盛況でした。大人もカップルもチビッ子もいっぱいいました。
 いつもの左打者用のゲージ(90km)に向かいました。ここだけ空いてました。
 2回ほど打ったら、一組の親子が来ました。この子と息子の2人で交互にゲージに入りました。この親子は東京から来た(帰省中)ようです。
 お父さんと話をしていたら、こっちの料金の安さがうらやましいと言ってました。
 このお父さんは、たぶんどこかのチームの監督さんだと思います。息子のフォームもしっかりチェックしてくれました。色々とアドバイスを貰ったようですし、誉め上手でした。ありがとうございました。

 さぁ、これから我が家の忘年会?です。 今年の練習は、風呂トレーニングと風呂上りのトレーニングのみとなりました。 

 息子、今年も良く頑張ったナァ。 
 イキイキと野球に取り組めるようになった事が、本当に嬉しい! 自主練が定着した事も嬉しいぞ。

 今日は、息子の夜更かしが思う存分に許される日です。夜遅くまで、野球を語ろうじゃないか!
 お父さんは酔っ払っちゃうかも知れんけどね…。^^



 *** 年末の挨拶 ***

 ブログを始めて3ヶ月。多くの皆さんにコメントいただきました。おかげさまで息子との野球の時間が楽しく充実するようになりました。また、みなさんのブログを参考にさせていただき、我がチームの子どもたちへの指導も充実してきました。ありがとうございます。
 今年は本当にお世話になりました。ありがとうございます。
 
 来年も皆さんと、時には真剣に、時には面白おかしく、ブログを続けたいです。
 よろしくお願いします。

続きを読む (頂いたコメント)
タグ:少年野球
posted by スマイルヒット at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

野球100円 テニス300円

 昨日と今日、二日連続でバッティングセンターに行きました。
 
「この時期…、大掃除は?」 ……妻に任せました。(母ちゃん、よろしくです。^^)

 息子と小1の娘を連れて行きました。(3歳の娘は昼寝です。)
 いつも息子と行くバッティングセンターは、1回(20球)100円です。通常は1回200円なのですが、小・中学生に限り、登録すると20回券を2,000円で購入できます。
 何回も通うので、この20回券を購入しています。
 
 私の財布の中が裕福な時に回数券を買っておけば、月末貧乏の時にもバッセンに行けるので助かります。

 今回、娘を連れて行きました。以前から「テニスをやりたい。」と言っていたので、ミニテニスに申し込み、3月から始める事が決定しました。
 いつも行くバッティングセンター内にオートテニスもあるので、娘に少し練習させてみました。
 でも、オートテニスは1回300円…。高いなぁ…。^^

 オートテニスは、いろんな設定が出来ます。コースをランダムに動かしたり、トップスピンにしたり、スピードを変更したり。
 また、“ナイスショット的”があって、その的に当たるとポイントが表示され、3回当たるとジュース1本が貰えます。 大人なら楽しめそうです。実際に私もやりましたが、久しぶりのテニスで楽しかったです。
 ジュースもいただきましたっ!^^

 娘の場合、コース固定・球は遅くの設定です。でも、なかなか上手く当たりません。結局6回やりました。
 私の1回を合わせて7回。
 おぉっ!これで2,100円!!
 た、高いっ! バッティング20回券が買えるじゃないですか!

 来年からは、息子とバッティングセンター行く時には、娘が「わたしも行くっ!」と言うんだろうな…。 私のお小遣いが心配。

 息子とは、明日もバッティングセンターに行って“打ち納め”の予定。
 娘には「お母さんがおせちを作るのを手伝ってって言ってたよ。」と言って、コソッと男2人で抜け出そうと企んでます。

 明日もガンガン打つぞぉっ!

続きを読む (頂いたコメント)
タグ:少年野球
posted by スマイルヒット at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

バットグリップ左巻き

 以前、若葉監督さんのブログで『左用のバット』の話題がありました。

 こういう話を聞くと やりたくなるのが私の性格です。はい。
 一般に売られているバットに巻いてあるグリップテープは、右バッター用に巻いてあります。

 左バッターは、逆に巻くのではないか?

 これはやってみる価値がある!

 クリスマスにプレゼントした息子のバットのグリップテープを巻き直しました。私のバットと同じグリップテープを探して買ってきました。


 新品のバットのグリップテープを剥がすのは、やはり ちょっと抵抗がありました。(貧乏性ですから。^^)
 綺麗に剥がし終えたら、買ってきたグリップテープを巻きます。
 巻く前に、グリップテープの巻き始めの斜めカット部分を逆にカットしなければいけません。
 後は、いつも通り、巻き巻きするだけです。^^

 grip of a bat.jpg
 
 写真の上が 息子(左バッター)のバットです。
 写真の下が 私(右バッター)のバットです。
 巻き方が逆になっている事が確認できると思います。

 息子の感想は、「握りやすくなった気がするし、振りやすくなった気がする。」という事でした。
 実際の効果は良く分かりません。息子がそんな繊細な性格とは思えないですし…。^^
 一種の催眠状態かもしれないですね。でも、このおかげで“気持ち良く振りぬいて”くれるのであれば、グリップテープを巻き直した価値があります。

 素振りの回数も増やしたみたいですし、今回の“グリップテープの巻き直し”は成功です。


 *** 追記〈2008.5.13〉 ***
 グリップテープの巻き方説明の記事を書きました。
 以下の記事を参考にしてください。

 こちら → 【グリップ巻き替え
 http://genki100.seesaa.net/article/96620896.html
 *****
  

 <  
 
タグ:少年野球
posted by スマイルヒット at 21:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

インジケーター

 in.jpg

 試合では手放せません…。
 しかし、インジケーターを持っていても、カウントを忘れてしまう時があります…。まだまだ未熟者です。^^

 塁審の時も必需品です。塁審のお手伝いしてくれるお父さん方にも貸します。
 時々、インジケーターを持っていないお手伝いのお父さんを見かけますが、チームで予備を用意して貸し出すようにしたほうがいいと思います。
 記憶力が抜群であれば要らないかもしれませんがね。

 インジケーターは“カチカチ”と回すだけで、試合の流れに自分がいる事を認識させてくれる素敵な道具だと思います。

 ところで、インジケーターの一番下のカウント。ほとんどの人が、得点用に使っていませんか?
 インジケーター(メーカー)によってイニングと記載されていたり、スコアと記載されていたりしています。イニングで記載されている人でもイニングで使用している人を見たことがありません。

 私も得点用で使っていますし、インジケーターの記載もスコアになっているものを購入してます。

 今後は、スコア表示に変わっていくのかなぁ。

タグ:少年野球
posted by スマイルヒット at 10:13| Comment(12) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

いつも仲良し いつもライバル

 昨日は町内子供会のボーリング大会でした。
 朝9:00に近所のボーリング場に集合です。

 同じチームに息子の幼馴染み友達がいます。小さな頃からいつも遊んでいた子です。幼馴染み君も3年生の途中から野球に入ってきて、野球でも同じチームです。

 幼馴染み君くんは、体も大きく運動神経が抜群です。
 1年生の時から野球に誘っていたのですが、「みんなと一緒に行動するのが嫌だ。」という理由で なかなか野球をはじめてくれませんでした。^^
 しかし、抜群の運動神経はさすがで、3年生チームのエース候補です。

 息子と幼馴染み君は、小さな時から『仲良し&良きライバル』の関係です。
 だから、今回のボーリングでも、勝負が始まっていました。

 息子はボーリングが大好きで、ちょっと自信を持っているのです。え〜っと、大好きなだけで自信を持つほど上手くはありません。^^

 1ゲーム目は、5フレームまでほぼ互角の勝負でした。が、ここから徐々に幼馴染み君のスコアが伸びていきます。
 息子のの顔色が変わってきました。負けず嫌いの本領発揮です。
 しかし、気負えば気負うほどコントロールが定まらないようで、1ゲーム目は幼馴染み君の勝ち。

 息子はは82点。幼馴染み君に3ピン足りませんでした。
 すごく悔しそうな顔をしています。(ちなみに私は、201点。1年ぶりのボーリング(1年前もこの子供会)でしたが、なかなかのスコアでした。^^)

 bowling.jpg

 息子:「お父さん、どうやったらストライクが取れるの?」
 私:「ピンの真ん中を狙うんじゃなくて、レーンに書いてある三角形を狙って投げれば良いんだよ。お前らはピッチャーの経験があるで、遠くのキャッチャーミットを見て投げるクセがあるんじゃないか?ボーリングは、近くに狙いを定める三角形が書いてあるんだから、そこ狙えばいいじゃん。近いほうがコントロールが簡単だろ。」というような話をした。

 2ゲーム目の息子は、気合入れまくりっ! が、空回り…。
 コントロールに気を使いすぎ、スピードが出ず、ボールが途中で曲がってします。
 スピードボールでガンガン行った方がスコアは伸びたかな?
 子どもたちのレーンはガーター落ちが無いレーンなので、多少荒れてもバウンドしてピンが倒れるからなぁ。

 結局、2ゲーム目はスコアを落とし、76点。このゲームも幼馴染み君に負けてしまいました。(ちなみに私は、181点。体力的に厳しかった…。)

 息子は、悔しくて悔しくて帰ろうとしません…。皆が後片付けしているのに、
「うちの家族は、ボーリングシューズ脱がなくても良い。皆が帰ったら、またボーリングやってくから!」
「まだ、練習したい。こんな点数のままでは、家に帰れない。」
と大きな声でダダをこね始めます…。
 異常なまでの負けず嫌い…。強引に連れて帰りました。^^
 
 実は、あすは野球3年生チームの仲良し5家族で忘年会です。この忘年会は、『ボーリングとカラオケパーティー』です。
 もちろん、幼馴染み君の家族も来ます。

 頑張って、そこでリベンジしてくれ!
 
 ↑こうやって息子に言ったら、「だから、練習したかった!」だって。
 あのねぇ、野球の練習もこれくらい気合入れてね。^^

続きを読む (頂いたコメント)
タグ:少年野球
posted by スマイルヒット at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■イベント参加したよ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。