2009年05月29日

右足を踏み出す送球

 2年前から「記事にしようか どうしようか…。」と思いつつ記事にしていなかったネタです。
 

 2年ほど前、ある野球教室に参加しました。
 当時の息子は小学5年生。
 その野球教室には、中学生グループもいました。
 もちろん、小学生と中学生は違うメニューで指導が行われました。

 途中、中学生グループの練習に目をやると、んっ!?
 ちょっとした違和感。
 順番にキャッチボールをしているのですが、どうも“ぎこちなく”見えました。
 気になって よぉく見ると、体の使い方がいつも見慣れているフォームと違う。
  
 “基本はキャッチボール”という言葉。
 右投げの足の動きは、軸足を相手に対し垂直にして、左足を相手に向けてまっすぐ踏み出す。
 子ども達は、この動作をしっかりと教え込まれていきます。

 しかし、その野球教室で見たキャッチボールは、投げる時に左足が軸で右足を前に踏み出しています。
  捕球する際は、左足を前に踏み込み左手グラブで捕球。
  グラブからボールを素早く握る。
  そして、そのまま右足を前に踏み出し素早く投げる。
  ワンステップ分を省略した投げ方になります。

 踏み出す足が反対ですから、ぎこちなく見えたのです。
 上手く投げられていない子も多数いました。

 それを とても熱心に指導されていたので“この動きは必要なんだ。”と感じました。
 「基本という指導の中で、この動きが出来ない子が多い。」
 「捕球して素早く投げる。」
 「日本では教える人が少ないが、海外では普通の事。」

 上手く聞き取れなかったのですが、なんとなくこんな内容の言葉が聞こえてきたのは覚えています。
 それでも、自分の中では本意が良く分からないままでした。
 結局、中学生では指導されていましたが、息子が参加している小学生の教室ではこの動きの指導はありませんでした。

 当時、インターネットなどでこの動きの写真を探しました。
 あまり見つからなかったのですが、当時に見つけた写真がまだフォルダに残っていたのでアップします。

 荒木選手(中日)
 araki_right foot.jpg

 井端選手(中日)
 ibata_right foot.jpg

 オリックスの選手
 orix_right foot.jpg

 オマケ…。^^;
 rotte_right foot.jpg
 これは関係ないですが…。一応、右足前です。^^;

 
 当時、この“右足踏み出し”の投げ方がメチャクチャ気になりました。
 とりあえず、息子とキャッチボールをする時の最後は、この右足前の投げ方を数分してから終了するようにしていました。
 捕球から素早く投げるには、この投げ方も必要なんだろう。
 とっさには出来ないから、投げる感覚を身に付けておいても良いだろう。
 “だろう。”程度の理解の仕方でしたが、とにかく続けました。

 息子が6年生の時、ある講演会でこの右足前の投げ方について少しだけ話がありました。
 ゲッツーなど素早い動きをする際には必要になってくる技術である事。
 正確に投げるには、右足前が理にかなっている(?)ようなことを言っていました。
 ダーツで的に投げる時、バスケでシュートする時、輪投げを投げる時。
 sports_right foot.JPG
 これらのように、投げたい場所に正確に投げる時は右足が前の姿勢である。
 遠くに投げるとかスピードボールを投げるには、今まで教えられてきている基本の正しいフォームになる。
 ただ、その正しいと言われているフォームだけに矯正されてきているから、いざという時に右足を踏み出す投げ方が出来ない子が多い。
 こんな話でした。 
 “そのフォームだけに矯正されている”という言葉にグサッと来ました。
 
 今では、息子とキャッチボールをする時に“右足を踏み出す送球”をやることは当たり前のようになっています。
 チームの練習や試合でのプレーで頻繁に行う送球ではありません。
 ただ、いざという時に体の動かし方を知っていて欲しい。
 積極的に練習するわけではありませんが、これからも続けるつもりです。

 でも…、
 中学になってからは息子とキャッチボールする機会がめっきり減ってしまいました…。^^;
 
*****

 この記事を2年も温めていた理由は「小学生には必要ないのかも?」と思っていたから。
 我が家は、やり過ぎに注意しながら、コソッと続けていました。
 当時の野球教室でも、中学生には指導していたが小学生には指導していなかった。
 体が発展途上の子ども達には、肘や肩に悪い影響があるのかなぁ?
 でも、いずれ必要になるのであれば、少しだけでも経験しておけばいいかな、と色んな面で疑心暗鬼の状態でした。
 まだまだ、具体的にどうしていけば良いのかが分からない状態ではあります。^^;

 突然、この記事を書いた理由は、動画を見つけたから。
 先週まで、おたふく息子には自由時間がたっぷりありました。
 その時、私と一緒にyoutubeの動画をいっぱい見ていました。
 ある動画を見た瞬間、私と息子は「あーっ!!」と声を出してしまいました。

 岩村選手がキャッチボールをしている動画
  RealPlayer
 右足を前に踏み出してキャッチボールをしています。^^
 さすが岩村選手、カッコイイです。
 こんなカッコイイのを見てしまうと、息子の右足前の送球はまだまだ修行が足りません。^^;
 
 blogram投票ボタン

 
posted by スマイルヒット at 22:34| Comment(10) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

憧れの金具スパイク

 中学になって、スパイクシューズを買い替えました。
 という、記事を書いたつもりでいました。
 実際は、記事に書くのを忘れていたので、今更ながら記事にします。^^;

 硬式クラブチームに所属したので、スパイクの歯が金具になりました。
 チーム特定のスパイクシューズは無いので、真っ黒なスパイクであれば各自で好きな物を購入できました。

 金具のスパイクに憧れていた息子。
 クラブの体験に参加している時から、早く買って欲しいと顔に書いてありました。^^
 
 うちの息子は、スパイクはアシックス好き。
 メーカーに拘らなければ、安くて良い物の選択肢も広がるんですが…。
 私に似て(?)頑固なので、アシックス製を購入しました。
 靴底が“革”のスパイクに憧れるのですが、メンテナンスや耐久性を考えて樹脂の靴底にしました。
 baseball_Spikes_1.jpg baseball_Spikes_2.jpg

 樹脂タイプの靴底は、金具(スパイクの歯)がネジで止めてあります。
 購入したら、付属の器具でネジを締め直した方がいいです。
 購入したままでも金具は取り付けられていますが、意外とネジが緩んでいます。
 チームの子の中には1〜2ヶ所のネジが緩んでいてで外れてしまった子が数人います。^^;
 我が家は、購入時に私が金具を取り外して遊んでいたので(^^)、しっかりとネジが締め直されている状態になっていました。^^

 今回はP革も変えました。
 今までは樹脂製のカバーを付けていました。
 樹脂タイプの場合、スパイクとP革の隙間に土が入り込むんですよね…。
 今回は布製(?)にして、スパイクとの隙間を縫い付けてもらいました。

 初めて金具スパイクを履いて練習に参加した日。
 私は見学をしていました。
 ショートの位置でノックを受けている息子。
 三遊間のゴロを捕球する際、スパイクが地面に引っ掛かってコケていました。
 慣れない金具スパイク初体験で、期待通りのボケをかましてくれました。^^
 今は、金具スパイクにも慣れて、とても動きやすいと満足している息子です。


 先日、もう1つのスパイクを買いに行きました。

 今回購入したスパイクの歯は、鋭いっ!!
 トッキントッキンに尖っています。
 これで踏まれたら、痛いだろうなぁ。

 field-and-track_Spikes_1.jpg field-and-track_Spikes_2.jpg

 部活の陸上用スパイクです。

 現品処分品のラスト1足 大特価。
 しかも大好きなアシックス。
 色やらデザインとか拘りたい感じの息子でしたが…。
 現品処分品が息子の足のサイズにビンゴだったので、即買いでした。
 野球スパイクなら じっくり選ばせてあげたんですけどね。^^
 
ラベル:スパイク
posted by スマイルヒット at 23:46| Comment(8) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

息子日記 09/5/18〜24

09/05/18 mon
【練習したこと】なし
【ひとこと】体調不良で練習ができなかった。

09/05/19 tue
【練習したこと】なし
【ひとこと】体調不良で練習ができなかった。

09/05/20 wed
【練習したこと】なし
【ひとこと】体調不良で練習ができなかった。

09/05/21 thu
【練習したこと】なし
【ひとこと】体調不良で練習ができなかった。

09/05/22 fri
【練習したこと】なし
【ひとこと】体調不良で練習ができなかった。

09/05/23 sat
【練習したこと】スタンドティ、部屋トレ、風呂トレ
【ひとこと】体調不良であまり練習ができなかった。

09/05/24 sun
【練習したこと】スタンドティ、部屋トレ、風呂トレ
【ひとこと】今日のスタンドティでしっかりボールを押せたのでこの調子で頑張りたいです。

■今週の良い・悪い■
 良い…スタンドティでは、思ったより良いバッティングが出来た。
 悪い…体調不良であまり練習ができなかった。
■次週の小さい目標やテーマ■
 練習ができなかった分、1週間で取り戻すくらいの気持ちで頑張る!!!!!

■□■ 親父の補足 ■□■ 

 完治の診断書が無かったため、週末のクラブチーム練習には行けませんでした。
 一応、自宅で自主練習の試運転をしました。
 
 今朝、病院で“完治”の診断書をもらったようです。
 完治したので、人へ感染することはない。
 今日からは遠慮なくスタンドティを存分に打ち込めます。
 明日からは部活(陸上)にも参加して、走る方でも体力回復できます。

 息子日記に書かれた小さな目標にも1週間で取り戻そうという気持ちは表れていました。
 親父としては、頑張りに期待しています。^^

 もう一つの心配は、勉強。
 中学の授業は、ずいぶん進んじゃったよなぁ…。
 野球よりも、中学校の授業についていけるか?の方が心配です。^^;

 
   

 
posted by スマイルヒット at 23:21| Comment(10) | TrackBack(0) | ■息子ひとこと日記 | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

久しぶりにスタンドティ

 息子が“おたふく”になって10日ほど過ぎました。
 その間、自主練習は無し。
 もちろん、学校にも登校できません。
 先週の半ばころからは症状は軽くなっていました。
 自主練習をしても問題なさそうな気配はしたのですが、体を動かして悪化したり、治りが遅くなると困る。
 
 おたふくは感染病なので、医者から“完治”の診断書をもらわなけらば学校に登校できません。
 あわよくば、土日のクラブチームに参加出来るかも知れないと思い、金曜日に医者に行きました。
 完治の診断書が貰えるかもっ!?
 
 残念…。あと少しらしい。
 月曜日の朝には大丈夫でしょう、って感じかな。

 正直なところ、昨日土曜日の午後辺りから「完全に治ったかな?」という感じです。
 しかし、診断書が貰えていない。
 学校に行ってはいけないルールであれば、クラブチームに行くのまずい…。
 うちの息子が菌をまき散らしたような事になれば、大問題。
 行きたい気持ちをグッとこらえ、今日もお休みです。

 でも、かなり元気。
 ちょっとだけ、バットでも振っておくか。^^
 念のため暑い昼間を避け、気温が下がる夕方。
 久しぶりに軽くスタンドティーをしました。

 久しぶりにバットを振ったので、嬉しそう。
 でも、完全に体は鈍ってます…。^^;

 スタンドティ 正面から撮影
 
 吊るしてあるマトに当たると“バーンッ!”て音がして気持ち良い。
 上の正面から撮影した動画、1球目はマトを外していますが、2球目は当たっています。
 
 スタンドティ 真横から撮影
 
 マトに鋭く当たれば「ライナーでセンターの頭を越えてグングン伸びていくんだ!」って意識で打つようにしています。^^

 
 およそ10日ぶりのスイング。
 練習出来なかった事実は変えられない。
 体が鈍ったことは事実として受け入れる。
 さぁ、明日からの自主練習で張り切って取り戻そう!!

 その前に、月曜日の医者の診断。
 どうか、完治の診断書が貰えますように。お願い。

 
   

 
posted by スマイルヒット at 21:54| Comment(8) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

だ液を買いました。^^

 時々、ツバ(唾液)をグラブの捕球面に付ける人を見かけます。
 私はしたことが無いのですが…。
 ある野球教室で元プロの選手が付けていたのを見たこともあります。

 スポーツ店で気になる商品を発見しました。
 あくまでも気になるだけだったのですが…。
 その商品の説明を読んでみると 
***** 
 ワンプッシュで
 だ液を超える
 捕球性能の向上

 だ液効果
 
 アミノ酸配合
 疑似唾液
 ゲーム中リキッド
 
 DAEKI EFFECT
 グラブの捕球性能アップ

 だ液効果(ゲーム中リキッド)
 グリップ力 + 保湿効果

 だ液を分析。グラブの捕球性能に求められる粘り成分・保湿成分を配合。
 革にしっとり感を与え、グリップ力を高めます。
 天然アミノ酸は人間の皮膚にも存在する成分を使用しており、安全性も高く、保湿効果もあり、革のダメージをケアします。
*****

 ↑↑ 容器には、こんなことが記載されていました。
 説明を読んだ時に心惹かれてしまいました。
 効果のうんちくよりも、くどいほど“だ液”という単語を何度も前面に押し出した心意気。^^
 だ液を超えるって…、疑似唾液って…、DAEKI EFFECTって……。
 なんだか、読んでいるうちに笑えてしまって…。^^
 結局、買ってしまいました。^^;

 daeki effect.jpg

 さっそく、息子のグラブで“疑似唾液”体験です。^^
 
 息子のグラブにワンプッシュ!!
 見た目は、まさに唾液です。^^

 私:「お前が指で塗り広げろよ。」 
 息子:「えぇ…、俺がやるの?」
 私:「当たり前やん、お前のグラブやろ!」
 息子:「そだね…。」

 塗り広げたとたん、
 息子:「うぇぇぇ、本当のツバみたいじゃん。^^;」
 
 そして、息子に勧められて私のグラブにも試してみました。
 塗り広げた感じ、適度なとろみ(?)が本当にツバみたいです。^^

 私:「これって、工場の人が毎日ツバを垂らしているのを溜めているんじゃないか?」
 息子:「変な事を想像させるなっ!!」
 
 親子漫才はこれくらいにしておいて。^^;

 グラブにボールをパシパシしてみました。 
 うん、良い感じだ。
 捕球面がしっとり湿っているので、グリップ感もあるように思います。
 まぁ、硬式球なので余計にそう感じるのかな。

 私:「これから暑くなると、ツバも出ないくらい辛くなるからさ、
    これがあれば、そんな時もグラブにシュッと出来て便利だろ。」


 息子:「今まで グラブにツバを付けたことなんて一度もないよっ!!」
    「でも、良い感じだから使う。」


 ということで、疑似唾液は息子の野球カバンの中に入れられました。^^

 
posted by スマイルヒット at 20:24| Comment(8) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。