2010年04月09日

ぶっちぎれた。

 先週の金曜夕方、息子から私のケータイにメールが入りました。
“スタンドティの先っぽが ちぎれちゃった。by Ene”

 息子からもらったメールに対しては、楽しい返信を心掛けている私です。
 こんな返信メールをしました。
“さて、三択問題です。
 切れた理由は何でしょうか?
 1.下手なスイングでボールよりもゴム部分を叩きすぎた。
 2.スイングスピードが速くなったからゴムが耐えられない。
 3.ティが古すぎて耐久性が無いから そもそも換え時だ。”


 しばらくして、息子から回答メールが届きました。
“A.2&3
 切れたのはチューブの先の方だから下手じゃない。上の方はスイングスピードが速くないと切れません。
 でも、ビニールテープをぐるぐる巻きにしているくらい結構古いものだから耐久性が無いっていう理由も付く。
 です。”


 いきなり、自分は下手じゃないアピールをしています。
 しかも、スイングスピードが速いんだアピールまで…。^^;
 ※実際は、決して速くはありません。
 いつも通りの生意気息子の性格からくる発言です。
 まぁ、スイングスピードが速いということは認めませんが、バットスイングを頑張っていることは認めてあげよう。
 だから、スタンドティを買ってあげる旨を返信してあげました。

 b_stand_old.jpg←先端が切れちゃっています。
 このスタンドティは、息子が小学3年生時の誕生日にプレゼントしたものです。
 鉄パイプのところはサビだらけで、結合部分はグラグラ。^^;
 何度も補修しながら、ティのゴム部分だけを何度も買い換えていました。
 今回は、ゴムの交換ではなく、長年愛用していた“ティ”そのものを買い換えることにしました。
 早速、土曜日の練習後にスポーツショップに行きました。

 b_stand_onew.jpg
 以前のスタンドティは、持ち運べるように折り畳み式でした。
 が、折り畳んで持ち歩いたことは一度もない。^^
 だから、頑丈そうなものを選びました。

 息子「これは頑丈そうだな。」と満足げ。^^

 このティの先端もぶっ壊すぐらい、毎日のバットスイングに精を出してくださいな。^^

   
 
posted by スマイルヒット at 23:35| Comment(4) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。