2009年07月17日

低め打ち はじめます

 先日の夜練習でバッティングセンターに行きました。

 いつもは、110km/hのストレートと80km/hのカーブを交互に打っています。
 それぞれ5ゲームずつ、計10ゲームが我が家の定番です。

 さて、この日からは 110km/hをやめて120km/hにする事にしました。
 
 今までよりも多少差し込まれる場面がありました。
 しかし、バッセンなので投げ出しのタイミングさえ掴んでしまえば、打ち返すことは出来ます。
 スピードアップした“ボールを見る感覚”を養ってもらえればOK。
 動体視力への効果があると嬉しいのですが、実際のところは不明。
 ただ、速球に慣れておいて、実戦でビビらないようにはなるかな。^^

 この120km/hのゲージは、高低のコントロールを自分で操作できます。

 1ゲームだけ、“低めのストライク”に設定して打ちました。
 
 窮屈なスイングですね…。^^;

 毎日の自主練習でメインになっているのはスタンドティです。
 いつも“ど真ん中”のボールを遠くに飛ばす意識で練習しています。
 こんな感じ。
 
 スタンドティでは、低めの設定に限界があります。
 以前、低めを打てるようにスタンドティを改造しようと思ったこともありました。^^
 でも、低めの球をアッパースイングで打ちあげてしまうと、ネットを越えて家の壁に当たりそうな気がして…。^^;
 改造は止めておきました。

 
 これからは、バッセンの時に“低め打ち”を試したいと思います。
 1〜2ゲームくらいは低めに設定することにします。
 良いピッチャーになればなるほど、低めにズバッときますからねぇ。
 低め打ちも 実戦でビビらないように慣れておきたいところです。
 今年からは、新ストライクゾーンになって、低めのゾーンが少しだけ広がりましたしね。
 
 
 そして、バッセン最後の10ゲーム目は、ど真ん中120km/hストレートを気持ち良くかっ飛ばしてもらいます。

 blogram投票ボタン

   
 
 


posted by スマイルヒット at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの愚息は外角低め、内角低めには全く対応できません…かといって、何か対策を講じているのか???皆無です…。

Posted by trytry at 2009年07月18日 18:15
trytryさん、ありがとうございます。
うちの息子、自主練で素振りはほとんどやらずにスタンドティのみのため、低めのスイング練習が盲点でした。^^;
Posted by スマイルヒット at 2009年07月18日 23:01
高校になりますと、失投を除いて高めの甘いボールはまず来ません。
当然ながら、低目のボールが打てないと打率は残せません (~_~;)

Posted by ドラ夫 at 2009年07月19日 17:51
おせっかいならごめんなさい。
スタンドティーをやるときもピッチャーが投げてるイメージでちゃんと球筋に沿ってやってみてはどうでしょう?
球を見つめ過ぎてるような・・・
Posted by 肉団子3兄弟 at 2009年07月20日 18:53
ドラ夫さん、ありがとうございます。
自主練習では、ど真ん中を気持ちよく振り抜く練習がほとんどでした。
徐々にコース別の練習も考えていこうと思いっています。^^
Posted by スマイルヒット at 2009年07月21日 22:33
肉団子3兄弟さん、ありがとうございます。
おせっかいなんてとんでもない。
アドバイスありがとうございます。
こうやってアドバイスを頂けた方が、ブログをやってる甲斐があります。^^
これからもどんどん気づいた点をアドバイスください。助かります。
スタンドティの球筋イメージ、やってみますね。
Posted by スマイルヒット at 2009年07月21日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123740747

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。