2005年12月29日

バットグリップ左巻き

 以前、若葉監督さんのブログで『左用のバット』の話題がありました。

 こういう話を聞くと やりたくなるのが私の性格です。はい。
 一般に売られているバットに巻いてあるグリップテープは、右バッター用に巻いてあります。

 左バッターは、逆に巻くのではないか?

 これはやってみる価値がある!

 クリスマスにプレゼントした息子のバットのグリップテープを巻き直しました。私のバットと同じグリップテープを探して買ってきました。


 新品のバットのグリップテープを剥がすのは、やはり ちょっと抵抗がありました。(貧乏性ですから。^^)
 綺麗に剥がし終えたら、買ってきたグリップテープを巻きます。
 巻く前に、グリップテープの巻き始めの斜めカット部分を逆にカットしなければいけません。
 後は、いつも通り、巻き巻きするだけです。^^

 grip of a bat.jpg
 
 写真の上が 息子(左バッター)のバットです。
 写真の下が 私(右バッター)のバットです。
 巻き方が逆になっている事が確認できると思います。

 息子の感想は、「握りやすくなった気がするし、振りやすくなった気がする。」という事でした。
 実際の効果は良く分かりません。息子がそんな繊細な性格とは思えないですし…。^^
 一種の催眠状態かもしれないですね。でも、このおかげで“気持ち良く振りぬいて”くれるのであれば、グリップテープを巻き直した価値があります。

 素振りの回数も増やしたみたいですし、今回の“グリップテープの巻き直し”は成功です。


 *** 追記〈2008.5.13〉 ***
 グリップテープの巻き方説明の記事を書きました。
 以下の記事を参考にしてください。

 こちら → 【グリップ巻き替え
 http://genki100.seesaa.net/article/96620896.html
 *****
  

 <  
 
ラベル:少年野球
posted by スマイルヒット at 21:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
さすがです。
おニューのバットを巻き換えるとは勇気ありますね〜。更に貧乏性の私はまだ手付かずです。
でも息子君のコメントを見て早くなりたくなってきました。
Posted by 若葉監督 at 2005年12月29日 00:00
息子のバットはチーム内で同じものを使っている子供がいるので、区別する為に「シルバーのグリップテープ」に巻きなおしてます。

その時に左と右で巻く方向は意識しなかったなぁ・・・
やっぱり違うのかなぁ?
催眠効果的な所があるのかなぁ・・・・

私は単にみんなと違うシルバーのグリップに自己満足してます(^_^)
Posted by Shin at 2005年12月29日 00:00
息子のビヨンドは2回ほど、グリップテープを巻きなおしています。
今またボロボロになってしまったので、新年3回目を巻きなおしいますので、左用でチャレンジしてみます。

来年も、またアドバイスお願いいたします。
それでは、良いお年をお迎え下さい。
Posted by 星 十徹 at 2005年12月29日 00:00
若葉監督さん、ありがとうございます。
お先に試させてもらいました!
“左打者逆巻きの会”でも発足しましょうかね。(笑)
あっ、私は右打者でした…。
Posted by スマイルヒット at 2005年12月29日 00:00
Shinさん、ありがとうございます。
シルバーとは、珍しい! 使い込むと良い色になりそうですね。

いろんなサイトで調べていくと、左打者巻きは普通にやってそうですよ。
オーダーバットの注文フォームでは、テープの巻き方が“右用・左用”からの選択になってましたし、グリップテープの巻き方を説明しているサイトでも、“左打者の場合は…、”って説明がありました。
ノブ君も次のグリップテープから左打者巻きにしましょうよ! 銀の次は金で!
Posted by スマイルヒット at 2005年12月29日 00:00
星 十徹さん、ありがとうございます。
左打者巻きにすると、グリップテープの耐久性も良くなるらしいですよ。この情報が正しいかどうかは分かりませんが、なんとなく納得してしまいます。

こちらこそ、ありがとうございます。来年もよろしくお願いします。
Posted by スマイルヒット at 2005年12月29日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。