2008年10月28日

レフトへ強く打つ(左打者)

 最近は、4試合連続(10打席連続)で無安打の日々を送っていた息子。^^;
 10月4日の第4打席目、センターオーバーホームランから 打てていません。
 ひとこと日記の小さい目標は、毎週のように“ヒットを打つ”ことを掲げていました。
 先々週は、“5打数5安打打つ!”という突拍子の無いことを言い出すくらい開き直り(?)状態。
 先週の自主練習は、打撃不振の呪縛を解くために密かに練習していたことがあります。 

 野球教室で「上体が反らないように」とアドバイスを頂いたことが良いキッカケになりました。
 何でもいいから試せる事はチャレンジしちゃえ!って感じです。^^

 火曜日の夜、息子のフォームを確認しました。
 言われてみれば、ちょっと反っているかなぁ。
 それよりも、以前に比べて“体が開いている”気がするぞ…。
 スタンドティで打ち込みながら、重心を“つま先より”にしてステップすること意識をしました。
 一球一球しっかりとフォーム確認をして打ち込みました。
 息子なりに満足していた夜練習でした。

 木曜日は、息子の要望に応えてバッティングセンターに行きました。
 80kmの遅い球速で、先日の打撃フォームを確認。
 んっ!?
 以前の“飛ばしたいフォーム”に戻っているぞ。
 動いている球になるとダメなんでしょうか…。^^;
 3回(60球)ほどやったけど、上手くいったりダメだったりで 安定しません。
 
 息子が打ち込んでいる姿を見ながら、打撃不振になる前の姿を振り返ってみました。
 そういえば…、一時期 やたらと絶好調でホームランなど長打をガンガン打ってた。
 その後、パッタリと安打が出なくなった…。^^;
 ひょっとして、遠くに飛ばす事ばかり考えてるからフォームに変化が出たのかも。
 ライトオーバーの意識が頭の中にこびりついてしまっているのかも。
 そんな仮説であれば、“上体が反る”や“体が開く”ということも考えられる。
 だから、飛んでくる球を見るとその意識が頭の片隅から蘇ってきてしまうのかも。

 ダメもとで、レフト打ちを試してみました。
 左バッターの息子なので、引っ張らずに逆方向へ強く打ち返す練習です。
 流し打ちの形ではなく、ステップを踏み込んでレフトに強く打ち返す。

 このバッセンの左打者ゲージは一番左端にあるので、すぐ目の前のネットに打つ感覚です。
 3回(60球)ほど続けたら、左中間に強く飛ばすイメージが付き始めてきたようです。
 でも、「すぐ横のネットに打ち返すので、飛距離が分からなくてツマラナイ…。」と息子。
 ツマラナイとか…、そんな事を行っている場合じゃないっつうの…。^^

 このバッセンは、80kmと110kmのゲージがあります。
 今日の練習は、110kmの速球では試したくはない。
 でも80km以上の球速でも試してみたい。
 思い切って、バッセンの“はしご”をしました。^^
 車を走らせ、別のバッセンへ。
 そこで、12枚チケット(2500円)を購入し“踏み込んで左へ強く打つ”を繰り返しました。

 かなり形になってきたので、最後の2ゲームは“ライトへの引っ張り”も混ぜます。
 5〜6球をしっかり踏み込んでレフトに強くはじき返す。
 私の合図の時だけ、1球 踏み込んでライトに引っ張る。
 レフト、レフト、レフト、レフト、レフト、私「はい。」、ライト。(繰り返し)
 こうすれば、引っ張るときの体の開きも抑えることができました。


 今までは、センター返し中心の打撃練習でした。
 ライトに強く引っ張る練習をしたこともあります。
 しかし、レフトへ強い打球を打つ練習は初めての経験でした。

*****
 さて、先日の日曜日は公式戦でした。 
 いつも通り、1番・キャッチャーの息子。
 息子の打撃結果は、3打席2打数2安打1四球。
 打撃不振の呪縛から解き放たれました。^^
 しかも、密かに練習していた事が結果になりました。

 1打席目は、四球。
 2打席目は、左中間オーバーのツーベース。
 “踏み込んで左へ強く打つ”の成果がいきなり出ました。
 セカンドベース上の息子と目が合い、思わず2人ともニヤニヤしちゃいました。^^
 ちょっと高く上がりすぎたのとグランドが柔らかかったため、あまり転がってはくれませんでしたが、上出来です。
 バッセン代に消えた私のお小遣いも報われました。^^
 
 3打席目は、バントヒット。
 この試合は、0−0のまま膠着した試合でした。
 お互いにチャンスは作るが、1点が取れない。
 最近は、本当に接戦が多いなぁ。^^
 5回裏、先頭打者9番君が四球で出塁したたところで、息子にはバントのサイン。
 どうしても1点が欲しい。
 しかし、私には少し不安がありました。
 欲が出て、自分も生きようとするセーフティ気味にしてしまわないだろうか…。^^;
 この場面は、しっかりバントをして欲しい。

 大丈夫でした。^^
 きっちりバントをしてから、一目散に一塁に走って行きました。
 運良く、ピッチャー、キャッチャー、サードの中間に転がりました。
 息子は「狙っていた。」と言っていましたが…。^^;
 ピッチャーが処理してくれたおかげで、振り向いてから送球。
 間一髪セーフでした。(サードが処理していたら、アウトだったかも。)
 ノーアウト1・2塁のチャンスでしたが、ゲッツーもあり この回も無得点…。

 時間の都合上、6回が最終回。
 最終回ウラ、先頭打者4番君が四球で出塁。
 今度こそ、このランナーをホームに返すぞ!
 5番君へのサインは…、バントで得点圏にランナーを進める…。
 いえ、違いました。「任せたっ!」でした。^^
 期待に応えた打球は、外野を抜けて サヨナラタイムリーッ!!

 そりゃもう、子ども達もベンチもお母さん方も大騒ぎでした。^^
posted by スマイルヒット at 23:37| Comment(16) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

フォームの確認

 今日は恒例の“親子で夜練習”の日です。
 しかし、来客があるため今日の夜練習は中止なのです。^^;
 この来客は先週から分かっていた事で、今日の中止は息子には伝えてありました。

 さて、話は戻って昨日の夕方。
 家に帰ると自宅前にはスタンドティとネットが出しっ放しでした。
 
  息子の野郎、片付けもしないで 何やってやがるっ。(怒)

 ただいま。とドアを開けて、すぐに息子を呼び付けました。
 野球の練習道具の後片付けが出来ていない事を叱ります。
 だけど、片付けていないのには理由がありました。

 水曜夜練習が出来ないことが分かっていたので、前日のこの日にやろうとしていた様子。
 「晩ご飯を食べた後に私と一緒にやるつもりだった。」と言います。
 
 本当かぁ?
 ちょいと疑いのまなざし。^^

 息子:「だって、今日はクライマックス(中vs巨)が無いから、ちょうど良いと思った。」

 ほほぉぉ、なるほど。
 たしかに、木曜にずらすとクライマックスが観れないな。^^


 もともと夜練習の予定ではなかった。
 だから、夜練習用生活サイクル(早めの晩ゴハン)でもなく、十分な時間は取れませんでした。
 とりあえず、出しっ放しのスタンドティを使って練習です。^^
 打撃フォームを確認をしました。
 
 先週末、野球教室に行った際に「良い振りだけど、ちょっと上体が反っているから直してみて。」と言われたようなので、息子なりに修正してみたいようです。
 だから、スタンドティ(止まったボール)は、フォームに集中するには最適です。
 「反っている」という表現の指摘事項ですが、「開いている」という事にも解釈できます。

 息子のフォームは、構えの時に足も背中もスッと真っ直ぐに立って構えています。
 この待ち方がリラックス出来るようなので、構えはそのままにしておきます。
 スイング中の軸足とつま先重心を意識して打ち込むことにしました。

 まだまだといった感じですが、ちょっとは治ったかな。^^;
 この日の夜練習は、息子としては“満足した練習”だったようです。
 息子本人が満足しているのであれば、最低限OKですね。^^;

 練習後、息子から要望がありました。
 「今度の誕生日プレゼントで、ハロゲン買ってちょうだい。」

 掲載した動画の左隅で輝いているハロゲンライトのことです。
 片側からの明かりだけでは満足できず、もう一台 欲しいらしい。

 この時期の夕方は、日が暮れるのも早くなったので毎日の夕方練習でも使用することがあります。友達と遊んで帰ってきてからの夕方練習は、ハロゲンライトを使う機会が増えます。
 
 現在、使用しているハロゲンも夕方練習用に誕生日プレゼントしたものです。
 購入した当時(息子 小2)から、もう一台欲しいなぁと思っていたけど、今まで購入していませんでした。
 過去記事参照 → こちら夜練習<2006.05.09>】
 http://genki100.seesaa.net/article/42669800.html
 購入してから4年間、“自宅前の夜練習”と“冬場の夕方練習”で息子を照らしてくれています。

 今週末は息子の誕生日です。
 誕生日プレゼントは、2代目ハロゲンライトで決まりっ!!

*****
 寝る前に、もう1つ要望がありました。
 
 「木曜日の夜、バッセンに連れていって。」
 動いているボールでも確認したいみたい。

 クライマックスシリーズを観るんじゃなかったっけ…、と思いつつも、
 はい、了解です。明日はバッセンに行ってきます。

posted by スマイルヒット at 22:47| Comment(12) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

お風呂トレーニング(2)

 ※前回のお風呂トレーニングの続き

 残るメニューは2つです。
 
 1つは、柔軟体操系の立位体前屈です。
 立った状態で、膝を曲げずに床に手のひらを付ける動きです。
 このメニューも10回行います。
 10回目は、手を床に付けた姿勢を10秒間キープしています。

 始めたばかりの頃は、ギリギリ指先が床に着くくらいでした。
 手のひらをベタっと床に着けることを目標としています。
 現状は、勢いをつけてやると手のひらが着きますが…。
 ゆっくりやらせると…、ペタッとまでは着きません。
 まぁ、始めたばかりの頃と比べれば、柔らかくなったと思います。

 この後、お風呂場で開脚もしたいのですが、狭くて出来ません…。^^;
 以前の記事に書いたように、風呂上りの部屋トレで開脚を取り入れています。

 お風呂トレーニングには、筋力系のトレーニングもあります。
 6年生の始め頃、息子がスクワットを始めました。
 その当時、投球にしろ打撃にしろ、下半身の強化をしたかったようです。
 始めた頃は、“息子のヤル気”が嬉しく思えていました。
 たしか、1ヶ月くらいは、続けていたと思います。
 当時、20回×3セットを実施していました。

 だけど、この回数は…、途中で止めさせました。^^
 
 息子と私は一緒にお風呂に入っているので、息子がスクワットをやる姿を見ていました。
 どうも、痛々しいと言うか、無理をしているというか…。
 回数的には大した回数ではないのですが、必要以上に負担をかけているように見えてしまったのです。
 まぁ、そもそも 筋トレは負担をかけるものなんですが…。^^;
 なんとなく、脚(身長)が伸びなくなっちゃいそうな気がしてしまったのです。
 詳しい根拠は特にありませんが…、脚の成長が止まって短足になりそうな気がしちゃった。^^

 息子のヤル気にダメ出しするだけでは可哀想なので、提案してあげました。
 「回数は20回のみ、正しい姿勢でやろう。」

 正しい姿勢を保つため、風呂場のタイル目を使って、足を置く位置を決めました。
 そして、風呂用の椅子の上に風呂桶を置いて、お尻を下げる位置(高さ)も決めました。
 この風呂桶にお尻がチョコンと触れると、膝が90度に曲がる位置です。
 風呂桶は、お尻が触れてもズレ無いように お湯と鉄アレイを入れています。
 まぁ、正しい姿勢で20回くらいなら、足には負担は無いでしょう。
 息子のヤル気も阻害しないように“正しい姿勢”をもっともらしく説明した覚えがあります。

 話は少しそれますが…、最近のトイレは洋式がほとんどですね。
 (お食事中の方、話題が臭くて申し訳ありません…。^^;)
 息子も洋式トイレが当たり前と思っていて、和式でのトイレ経験は、ほとんど無いと思います。
 私が小学生の頃は、毎朝のように踏ん張って、足腰が鍛えられていたような気がします。
 足がしびれたり、踏ん張りすぎて筋肉がピリピリしたのが懐かしい。

 友達と外で遊ぶ時も、今の子ども達よりも足腰を使っていた気がします。
 空き地で土管に入り込んだり(中腰で進んだり)、ブロックを動かしたり(踏ん張って持ち上げたり)。
 ザリガニや小鮒、ヤゴ、ドジョウを捕まえて、毎日のようにバケツを運んでいたり。

 そんなことを考えての“スクワット20回”です。^^
 昔の子ども達が動かしていた足腰の分を少しだけフォロー出来るかな、といった量だと思います。^^
 
 我が家のお風呂のメニューは、これだけです。

*****
 我が家のお風呂は、狭いのでタイミング良く順番に入ります。
 まずは、娘2人が入る。娘たちが体を洗い終え、浴槽に浸かった頃に私が入る。
 で、私が洗い場で体を洗い、洗ったら湯船に浸かる。
 浴槽は3人でギュウギュウ詰めです。^^
 洗い場が空くので、そこに息子が入ってきます。
 息子が体を洗い終えると、娘2人が出て行きます。
 ここで私はユッタリと湯船に浸かれます。
 息子は、風呂トレを開始します。
 息子のトレーニングが終わったら、私が出て行きます。
 そして、息子が浴槽へ。
 お湯の中でのトレーニング(手首)をしてから、ユッタリと浸かっています。

 洗い場と浴槽を上手く入れ替わりながら、効率良くお風呂に入っています。
 効率良くと言いながらも、娘も私も意外と長い時間をかけてるかも。^^;
 遊んだり、おしゃべりしていると楽しいから、あっという間に時間が過ぎちゃいます。

*****
 4回に分けて部屋トレと風呂トレを書き記してみました。
 ダラダラと書きましたが、実際は時間も量もとても短く出来ます。
 
 以上、我が家のお手軽お気軽トレーニング紹介でした。^^
posted by スマイルヒット at 21:58| Comment(10) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

お風呂トレーニング(1)

 ※前回の部屋トレーニングの続き
 
 寝る前のトレーニングと同じように、お風呂でもお気軽トレーニングをしています。
 ストレッチのメニューに関しては、過去の記事でも軽く触れていました。
 過去記事参照 → こちらストレッチ追加<2007.12.20>】
 
実は、当時とほとんど変わっていません。^^;

 まずは、肩甲骨周辺の運動。

 ■肩(肩甲骨)の上げ下げ 10回
  両方の肩甲骨をくっつけるように寄せる。
  そのまま肩を上げる。
  肩甲骨をくっつけたまま肩を下げる。
  肩甲骨を離す。 
 ■背中で握手 各10秒
  過去記事参照 → こちら背中で握手<2007.7.3>】
 ■肩回し 前後 各10回
  上記2種の運動で肩周りを動かしたので、ほぐす感じ。
 
 その後、軽い鉄アレイ(1kg)を持って肩や腕の運動をします。
 iron dumbbell_081018.jpg
 ゴムでコーティングされているので、お風呂場でも安心です。
 以前は、水を入れて使うプラスチック製を使っていました。
  プラ製は、水を入れたりキャップをしたり面倒臭かった…。
  水を入れっぱなしにすると、水が臭くなるし…。^^;

 鉄アレイを持って運動していますが、筋肉を付けるぞっ!と意気込んではいません。
 ムキムキになることを目的にしていません。
 軽い負荷をかけて、肩や腕の可動部分をゆっくり動かしています。
 メニューは数種類あります。(長くなるので詳細は割愛します。^^;)
 どれも10秒や10回程度の簡単メニューです。

 今では、肩甲骨がグイングイン動きます。^^
 3年生の頃から続けているので、可動域も広くなったと思います。
 
 
 その次は、手・手首・指の運動をします。

 ■お湯の中で両手首を上下に振る。 20回×2回
 ■お湯の中で両手をグーパーする。 20回×2回

 この二つは、手軽に手首を鍛えるポピュラーな内容ですね。
 
 続いて、手首や指のストレッチです。

 ■両手首を外側に反らす 各10秒
 wrist_1.jpg
 手のひらを下にして片腕を前に伸ばし、片方の手で指全体を掴み、手首を外(上)側に反らす。

 ■人指し指と中指を反らす 各10秒
 wrist_2.jpg
 手首を反らす時と同じ形。指全体を掴んで手首を反らすのではなく、指二本だけを反らす。

 ■腕を外側にひねる 各10秒
 wrist_3.jpg
 手の平を上にして腕を前に伸ばし外側にひねる

 本来はお風呂でやっているので素っ裸ですが、さすがに裸でのストレッチ姿は控えます。^^

 手首の運動も鉄アレイメニューもあります。
 浴槽の縁に腕を置いて、鉄アレイを持って手首をクイ〜ッ、クイ〜ッと動かします。
 これも、ゆっくりと動かします。
 手首の中の方が動いてるなぁ〜と感じながら、両方を20回ずつやります。

 このように、手首を強くする運動と、手首や指を柔らかくする運動を取り入れています。 
 
 残るお風呂メニューは、あと2つ。
 お風呂のメニューは、種類が多いですね。
 でも、それぞれの回数は10回とか10秒とかでトコトン少な目です。^^
 
 私は、ほぼ毎日のようにEneと一緒に風呂に入っています。
 だから、風呂場でトレーニングしているEneの姿を見ています。
 その姿を掲載したいところですが、怪しいサイトになりかねないので控えておきます。^^;

 続きは、次のエントリーへ。 (つづく)
  
posted by スマイルヒット at 23:25| Comment(10) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

お気軽トレーニング(2)

 ※前回の部屋トレーニング記事の続き

 寝る前に、腕立て、腹筋、背筋の3種を軽く実施して、その日の体(体調)を確認します。
 前回の記事のようにお気軽お手軽がモットー。
 だから、トレーニングと言うほどの代物では無いかもしれません。^^;

 この3種目を実施した後は、ストレッチです。

 ■開脚 3パターン 各10秒
 ・脚を真横に開脚
 ・脚を前後に開脚
 ・脚の前後を入れ替えて開脚

 股関節が柔らかいと、怪我の防止に繋がると聞きます。
 また、投球や打撃、守備の構えにも良い影響があると信じて続けています。
 このメニューは、床にペタッと着く事を目標にしているのですが…。
 なかなかペタッと着きません。^^;
 開脚した時に ちょっとでも痛いと加減しているようで、本気度が足らない感じ。

 時々、私や妻からのイタズラを受けて苦しんでいます。^^
 開脚中の息子の脚を軽く引っ掛けてみたり、背中を軽く押してあげたり…。

 すると「ウワァウォっっ!!」と大袈裟に大声を上げている息子です。
 夜中に近所迷惑な一家です。^^;

 いつの日か、ペタッと着くのでしょうか?

 
 そして、最後のメニュー。

 ■肩回しノーマル 前後 各10回
 ■肩回し肘グルグル 左右 各5回


 肩回しノーマルは、普通にグルグル回すだけです。
 肩が凝ったり疲れた時に良くやる、アレです。^^
 アフレコするならば 「あぁ、一日頑張ったなぁ。さぁ 寝るぞっ。」て感じです。^^

 肩回し“肘グルグル”は、説明が難しいので動画を貼り付けてみます。
 
 肩に手を置いて、肘が大きく円を描くように肩を回します。
 グルグル回して5回目に腕を振り下ろす。
 肘を高く上げることに意識して振り下ろすようにしています。
 この腕を振り下ろすまで一連動作を5回します。

 息子は右投げなので、右肩の動画を掲載しました。
 だけど、右肩だけやっていると体の左右バランスが崩れそうなので左肩も同じ回数を実施しています。

 「肘を上げて投げなさい。」と言われている子は、ぜひともお試しあれ。^^ 

 一日の最後は、野球小僧らしく、野球っぽい動きで終了。

 そして、“ひとこと日記”を書き、布団に潜り込みます。
 布団に潜り込んだ後は、ベッドにおいてあるハンドグリップをニギニギする事もあります。
 ねるときさわるボールは、毎日ニギニギしています。

 とにかく、ハードな事はしていません。
 どちらかというと“寝るための準備運動”みたいなものです。^^

 毎日続けることが“苦にならない量”を息子に決めさせてます。

 メニューを増やしたり減らしたり減らしたり…。
 回数を減らしたり減らしたり減らしたり減らしたり…。
 その結果が、このメニューと回数になっています。

 “苦にならない量”って言ってる時点で、トレーニングとは言い難いですね。^^;

 
 次回の記事は、お風呂でのトレーニングを書き記そうと思います。
 実施する順序は、風呂トレーニングが先なので、記事にする順序が逆だったかな。 

 次回、風呂トレメニューへ。(つづく)
posted by スマイルヒット at 23:37| Comment(12) | TrackBack(0) | ■自主練習するぞ! | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。