2009年11月30日

久しぶりのベンチ

 息子の右膝はギブスが巻かれているため曲がりません。
 ここ最近の試合にはベンチに入ることも出来ず、父母と一緒に観客席で応援でした。

 最近、松葉杖無しで歩く術を覚えました。
 (医者からも許可をもらっています。)

 先日の練習試合では、強引にユニフォームを着て ベンチに入らせてもらいました。

 しかし、すばやく動けないから、ランコーはもちろんボールボーイも出来ません。
 出来ることといえば、邪魔にならないように応援するくらいです。^^;

 1試合目は、ベンチの中から息子の元気な声が聞こえてきました。
 2試合目は、息子の声がほとんど聞こえなくなりました…。
 グラウンドの形状都合で、父母の応援席からはベンチの中が見えません。
 見えないからこそ、息子の声を敏感に聞いていました。
 しかし、その声が聞こえてこなくなると、モヤモヤイライラしちゃいます。^^;
 
 ったく…、ちゃんと声を出して応援しろよ。
 飽きたのか?
 応援しないで座っているだけなら邪魔なだけだぞ…。


 この日は、2試合のみでした。
 試合後、息子を見つけて「応援の声が聞こえなかったぞ。」と注意しました。
 
 すると、息子がカバンの中から用紙を取り出し、私に差し出しました。
 Score_Ene_2009.jpg
 どうやら、2試合目はスコアブックを付けていたようです。
 分からない部分は、スコア担当のお母さんに教えて貰いながら書いたらしい。
 
 スコアブックを書こうとした経緯は良く分かりません。
 でも、スコアを付けたのは良い経験になったと思います。
 ぱっと見た感じ、綺麗に間違いなく書けている感じです。
 まぁ、教えてくれていたお母さんの力が大きいですが。
 スコアラー母ちゃんに感謝です。^^

 息子にスコアを書いた感想を聞いたら、
 「ヒットが無いイニングは、スコアを書くのが楽だね。」
 「ヒットかエラーかの判断が難しい。」
 との回答がありました。

 この試合は、選手交代も無く複雑なプレーも少なかった。
 初めてスコアブックに挑戦した息子にとっては手頃な試合でした。

 試合に出られなくて辛い日々を送っています。
 そんな中でも、良い経験をさせて貰っています。^^
 
  
 
posted by スマイルヒット at 21:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

学童野球、最後の試合

 前回記事の続きです。

 学童野球で試合が出来る最後の日、始めて対戦する遠方のチームと2試合を行いました。
 この対戦相手は“強いチーム”とは聞いていたのですが、1試合目の戦いぶりで相手チームの強さを実感しました。^^
 ガンガン打ち込んでくる“破壊力抜群の超打撃型”チームです。

 続く2試合目が学童最後の試合です。
 試合前に子ども達を集めて何気なく話をしました。

 これが本当に学童野球最後の真剣勝負だよ。
 最後だから、勝ちたいよな。良いプレーがしたいよな。
 でも、もっと大事なことがあるんだよ。
 勝ったり負けたり、打てたり打てなかったり、それぞれあるかもね。
 ファインプレーしたりエラーしたり、色々と気になると思うけどね。
 そんなことより、全力でプレーしたか?って事が大切だよ。
 今まで練習してきた仲間と一緒に全力のプレーが出来ることが幸せ。
 全力で励まし合い、助け合い、信じ合う。
 その中で自分の持っている力をすべて出しきることが全力プレーなんだよ。
 それが、本当の“楽しむ”と言う事なんだよ。
 君たちは野球部だから、野球の試合で“楽しむ”を実感する事が出来る。
 これから将来は、野球に限らずに色んな場面で楽しむ場面がある。
 今日のような特別な日に楽しめなきゃ、これからずっと楽しめない人になっちゃうぞ。^^
 試合が終わった後に自分自身が“全力でプレーした”と胸を張って言って欲しい。
 さぁ、もうすぐ試合だ! 楽しんでこいよっ!!


 何気なく話し始めたつもりだけど、子ども達が真剣な目で聞いてくれるもんだから、ついついダラダラとこのような話をしてしまいました。^^;
 私の話に「ハイッ!!」と大きな声で返事をしてくた子ども達に頼もしさを感じました。

 さぁ、いよいよプレーボール。我がチームは先攻です。
 1試合目は温存していた我がチームのエース君が満を持して最後のマウンドに上がります。
 エース君にとって、とてもワクワクする相手でしょう。
 ちなみにうちの息子は、慣れ親しんだ1番キャッチャーで出場しました。
 エース君の投げる1球1球を気持ちことしっかり受けて止めて欲しい。

 我がチームのエース君は気合満点の絶好調、相手チームにヒットを打たせません。
 いつもは超剛速球で抑えまくるのですが、この日はスローボールを効果的に使っていました。
 さすがはエース君、超打撃型チーム相手に堂々のピッチングです。
 しかし、我がチームにもヒットが出ず、3回まで両チームとも無得点。
 最後の試合に相応しい、緊迫した好ゲームになりそうです。^^

 4回に試合が動きました。
 我がチームの攻撃、先頭打者が四球で出塁しました。
 その後、ヒットエンドランや送りバントで相手守備を掻き乱しました。
 クリーンヒットはないけど、打者一巡であれよあれよと4得点。
 チーム全体が全力で励ましあい、助け合い、信じあってました。^^

 最終回、相手の攻撃を抑えれば、我がチームの勝利です。
 しかし、先頭打者から連続で2本の内野安打。
 どちらも完全に打ち取っていたのに…。
 ううっ・・・、ノーアウト1・2塁のピンチ。
 次の打者の初球、エース君力んだのか……、
 剛速球が逸れて しかもワンバウンド…、キャッチャー後逸。
 うおぉ・・・、ノーアウト2・3塁のピンチ。
 痛恨のバッテリーミスが出ました。
 すると……、
 守っている子ども達とベンチにいる3人から、大きな励ましの声が掛けられます。

 良いですねぇ、ピンチの時の一体感。^^

 チームは、落ち着きを取り戻しました。
 内野ゴロを二つ続けて、ツーアウト。
 この間、ランナーのホームインを許していません。
 必死で守る子ども達、必死で声を掛け合う子ども達に、私は少しウルウル。^^
 最後の打者をツーストライクに追い込んだ後、エース君が投げた渾身のど真ん中!!
 最高の剛速球、バットは空を切り、ボールはキャッチャーミットへ。
 
 ゲームセット!!
 
 攻撃チャンスの時、みんなが必死で繋いで盛り上がった。
 守備でのピンチは、励まし合い、信じ合って切り抜けた。

 学童最後の試合、本当に良い試合を見せてくれました。

 我がチームの子ども達、これからの人生も全力で楽しむ事が出来る子ばかりです。^^
posted by スマイルヒット at 22:38| Comment(18) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

試合が出来る最後の日

 当地域は、12月になると対外試合は禁止になります。
 だから、先週の11月30日(日)は、学童で試合が出来る最後の日でした。
 もちろん、この日に学童最後の練習試合を組んでいました。
 この日の練習試合は、相手チームに2試合をお願いしました。
 初めてお会いするチームですが、相手チームも2試合のするつもりだったみたいです。


 我がチームは、学年ごとにチームがあります。
 今の6年チームは、公式戦が始まる4年からギリギリの人数でチーム編成をしていました。
 そんな中、6年生になってから3人の野球小僧が増えました。
 やはり、今まで練習してきたメンバーと比べると技術的に劣っています。
 この子達3人の野球は始まったばかり、まだ1年も経っていません。
 いつも元気に練習しているので、これからグングン伸びると思います。^^

 しかし、現実に試合(特に公式戦)になると、この3人がフルイニング出場する機会は減ります。
 トータルで50試合ほどの試合をしましたが、他のメンバーよりも少ない打席数であることは事実です。

 1試合目は、この3人がスタメン フルイニング出場します。
 この3人が打順1〜3番に名を連ね、少しでも多くの打席を楽しんでもらいます。
 いつも練習しているライト、センター、レフトそれぞれのポジションを守ります。

 ちなみに、この試合の うちの息子は6番サード。
 監督さんがサードのポジションを決めようとしていた時、息子が「やりたい。」って言ったみたいです。
 そういえば、うちの息子が始めて公式戦に出場した時は“サード”だったなぁ。
 上の学年の人数が足りなくて、4年生のチームに帯同していた3年生の頃を思い出しました。
 息子自身は“自分はサードから始まった。”って思っています。
 たぶん、そんな思いも入り混じってサードをやりたくなったのかもしれません。^^


 さて、この試合の相手。 いやぁ、強かったぁ。
 相手チームも1試合目は普段の試合出場が少ない子、2試合目にベストメンバーで戦うと言っていたのに、この1試合目出場の全打者がガンガンとフルスイングで打ち返してきます。
 打撃フォームを見るだけで、かなり打撃に力を入れているチームと感じました。

 おかげさまで、我がチームの外野3人は大忙しでした。
 この試合、時間の都合で5イニングでしたが、外野に12本も打たれてます。^^;
  フライが飛んできたら、全力で落下点へ。
  ゴロがきたらしっかり捕球。
  打球が外野を抜かれて必死に追いかけ、中継へ。
  ちょっとだけエラーもありましたが、ご愛嬌。^^
 一つ一つのプレーに、お母様方から大きな歓声をもらっていました。

 我がチームの攻撃では、残念ながら1〜3番に名を連ねた3人に安打は出ませんでした。
 しかし、相手チームは完全な打撃チームのようで、守備面には少々ほころびがありました。
 おかげさまで、我がチームの1〜3番の3人とも 四球や敵失で出塁しました。^^
 この3人、今までの練習試合では、出塁がなかなか出来ませんでした。
 野球経験が1年未満の3人には、最高学年の試合で結果を出す事は現実的に厳しかったと思います。
 
 この試合、私は2塁の塁審をしていました。
 どんな形であれ出塁した3人が、3人とも2塁まできたのが嬉しかったです。
 試合中ですが、その度に声を掛けてあげました。「野球は楽しいよなぁ。^^」と。
 いつも元気な子は、「はい。」と元気良く応えてくれました。
 いつもニコニコちょっと照れ屋の子は、満面の笑みで「うん。」と頷いてくれました。
 いつもぶっきらぼうで表情が顔に出ない子は、ニヤァと不気味な笑顔をくれました。^^
 三者三様の表現ですが、ダイヤモンドを走り回る楽しさが伝わってきました。

 この試合は一方的に打ち込まれ、大量点を取られました。^^;
 微力ながら少しずつ点を返していったのですが、追いつくことは出来ませんでした。
 残念ながら負けてしまいましたが、十分に楽しかった試合です。
 大量失点しても最後まで諦めずに全力プレーを続けていた子ども達。
 大きな声で励ましあい、褒めあいながらプレーしていた子ども達でした。^^


 さぁ、10分後には2試合目が始まります。
 この試合が、本当に本当に“学童最後の試合”になります。
 1試合目に出場しないで ベンチに温存していた我がチームのエース君。
 超打撃型の相手チームを目の前して、エース君の顔がキリリと引き締まります。
 うちの息子は、この1年間慣れ親しんだ“1番キャッチャー”です。
 
 さぁ、いよいよ 学童最後のプレイボールッ!!
 (次回のエントリー記事へ つづく。)
posted by スマイルヒット at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

接戦で輝く子ども達

 学童野球の最後が日に日に迫っています。
 残るは3大会。

 先日の土曜日、その一つ(準決勝戦)がありました。
 このトーナメントは、当地域チームが集まる最後の大会です。 
 相手は誰もが認める強豪チーム。
 最後に一花咲かせよう!を合言葉に、決勝進出を狙って挑みました。

 メチャクチャ緊迫した投手戦でした。
 両チームとも放った安打は3本ずつ。

 我がチームは、散発3安打でチャンスでのあと一本が出ずに無得点。
 相手チームは2連打で1得点。
 結局1−0で負けてしまいました。

 1番、キャッチャーとして出場した息子は、無安打。^^;
 守備では、2塁盗塁と3塁盗塁を刺し、相手のチャンスを摘みました。
 守備は、緊迫した試合に貢献した感じ。
 う〜ん…、打撃も…、打てなかったので、緊迫した試合に貢献しちゃってますね…。^^;

 両チームのエース君の投げ合いは、本当に見応えがありました。
 それに喰らい付こうとする両チームのバッターも必死な姿を見せてくれました。

 今年の初めに対戦した時は、ぐうの音も出ないほどボロボロに負けました。
 このチームとは今年最後になるであろう対戦、あと一歩のところまで詰め寄る事が出来ました。
 あぁぁぁっ、せっかくなら勝ちたかったぁぁっ!! ^^;

 この時点で、残るは2大会になりました。

 そして翌々日の、月曜日の体育の日にもう一つの試合が行われました。
 予選リーグをなんとか勝ち進み、決勝トーナメントの1回戦です。

 この試合もハラハラドキドキの投手戦です。
 今回も、両チームとも散発2安打の締まった試合展開でした。

 1回の攻防は、両チームとも3者凡退。
 この時点で、投手戦が予測できました。

 2回ウラの相手の攻撃、先頭バッターにスリーベースを打たれてしまいました。
 そして、次打者の内野ゴロの間に1点を取られてしまいました…。
 さらに、ピッチャー君が動揺したのか、次打者にデッドボール。
 相手チームが勢いづいて盛り上がります。
 しかし、息子(捕手)は、このランナー君の第2リードが大きいのを見逃しませんでした。
 素早く一塁に送球してランナーを刺しました。^^

 試合後の息子は「あれは気持ち良かったぁっ!!」と自画自賛していました。^^

 とにかく、相手に向きつつあった流れを断ち切ってくれました。
 ピッチャー君も立ち直り、三振を奪いチェンジ。
 この回を1点で抑えました。
 
 しかし、投手戦の匂いがプンプン匂う展開での1点はズシリと重い。
 我がチームの子ども達の底力を期待したい。

 その後、両チームとも譲らず、0行進が続きます。
 我がチームは3回まで3者凡退を喰らっていました。^^;

 4回の先頭打者は、1番の息子から。
 四球を選び、初ランナーです。
 三塁まで進塁しましたが、得点できず…。
 相手ピッチャー君は憎いほど落ち着いた投球です。

 ドラマは、次の回(五回)にありました。
 我がチームの攻撃は五番から。
 五番バッターは、外野フライに倒れました。
 しかし、六番君の初球、デッドボールで出塁。
 これで、我がチーム二人目の出塁です。
 この時点でもノーヒットノーランをされてます…。^^;

 そして、7番君がレフトオーバーのホームラン!!

 我がチームの初安打が、逆転のホームランでした。^^
 
 その後は、両チームとも無得点のまま。

 最終回、我がチームの守り。
 ツーアウトランナー無し。ツーストライク。
 キャッチャーの息子はアウトコースに構えます。
  ピッチャー君の渾身の投球。
   バッタのスイングは空を切る。
    息子の構えたミットにバシーンッと収まる。
 ゲームセット。
 見事に1回戦を勝ってくれました。^^

 最近は、本当に接戦ばかりで、心臓に悪い展開が続きます。
 すべて勝ちたいのが本音ですが、子ども達の必死なプレーを楽しみたいと思います。
 必死に戦う子ども達の姿は、楽しそうにプレーしているようにも見えます。
 真剣な表情は、本当に輝いて見えます。

 私たちコーチや父兄に 最後まで学童野球を楽しませてくれそうな子ども達です。^^
posted by スマイルヒット at 23:39| Comment(8) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

サヨナラ

 先日の土曜日は、午前中が公式試合で、午後は練習試合でした。
 昨日の記事に書きましたが、午前中は娘の運動会だったため観戦出来ませんでした。

【午前の公式試合】
 コーチやお母さん達に聞いた内容をスコアブックを見ながら振り返ります。
 息子は、1番・キャッチャー。我がチームは後攻。

 1回表、我がチームのエース君は相変わらず絶好調で無難に3者凡退に抑える。
 1回ウラ、1番の息子は四球を選び、そして、盗塁成功。
 2番バッター君は凡打に倒れるも、3番バッター君が左中間にタイムリーで1点先制。^^

 その後は、両チームとも無得点のまま試合が進む。
 うちのエース君は、すこぶる絶好調のようでした。
 5回表の守備、センターフライEで出塁を許してしまいました。
 次のバッターには、四球を与えてランナー1,2塁。
 そして、次のバッター時にWPで2,3塁のピンチ。
 スコアブックを見る限り、ちょっとバタついてしまったようですね…。^^;
 この回に1点取られてしまい、同点になってしまいました。
 5回ウラの攻撃は3者凡退で1−1。
 
 時間のため、6回が最終回との宣告があったようです。
 同点のまま最終回を迎えます。
 エース君は、気持ちを切らさず、最後まで投げ抜きました。(さすがエース。)
 最終回は、エース君が立ち直り見事に0点に抑えました。
 6イニングで被安打1、奪三振7(毎回奪三振)で失点1は素晴らしい。

 そして、最終回の6回ウラ、先頭バッターが相手のエラーで出塁。
 手堅く送って、1アウトランナー2塁。
 そして、エース君の左中間サヨナラタイムリーでした。
 エース君は、投打のヒーローです。^^

 サヨナラ勝利は嬉しいですね。^^
 こんなワクワクする試合は観戦したかったなぁ。

【午後の練習試合】
 娘の運動会を終了後、急いでグランドへ駆けつけました。
 息子は、3番 ピッチャー。我がチームは先攻。
 午前の試合で出場できなかった子たち全員が先発出場で、ほぼ最後まで出場しました。
 
 1回の表の攻撃、1・2番が凡打で倒れ、ツーアウトで3番息子の打席。
 相手チームとは初めての対戦でしたが、ライトがとても後ろに下がってくれました。
 1番バッターの時は下がってくれないのに、3番になると下がってくれるんですね。^^
 で…、ありがたいライト前ヒットです。^^ しかし、この回は無得点。

 1回ウラの守備、久しぶりに息子がマウンドへ上がります。
 予定では、3イニングを任されたようです。
 調子が良ければ、もう少しイニングを伸ばすと言われた様子。
 少しでも長く投げたい息子は、気合が入りまくりでした。

 大事な1球目…。 大暴投!!
 キャッチャーの遥か上をギュイーンって飛んでっちゃいます。
 力みすぎで、笑えてきちゃいます。マウンドの息子も苦笑い…。^^;
 これで力みが取れたのか、この回は全て内野フライに打ち取り、7球で押さ抑えました。
 
 1〜3回までは、両チームとも無失点。
 息子のピッチング内容は、2回は三振と内野ゴロ2つ、3回は内野ゴロと内野フライ2つ。
 予定の3回を無失点で抑えました。息子にしてみれば、上出来の内容です。^^ 
 息子の調子が良いと判断され、4回もマウンドに上がりました。

 しかし…、先頭バッターに四球を与えてしまう…。さらに 盗塁されてランナー2塁。
 次バッターをセカンドフライでアウト。が、また盗塁されてランナー3塁。
 そして、ピッチャーゴロ(ヒットエンドラン)の間に1点を失いました。
 次のバッターはセカンドゴロアウト、チェンジ。
 打たれてないのに…、あまりにもあっけなく点を与えてしまいました。
 まだまだ、ピッチャーとしての立ち居振る舞いが出来ていませんね。^^;

 5回は、ピッチャー交代かと思いましたが、またまた息子がマウンドに上がります。
 失点したところで交代せずに、もう1イニングだけチャンスをくれた監督さんに感謝です。
 息子の調子が良くも悪くも このイニングまで任される事になりました。
 内野フライ2つを取り、最後は三振でしとめました。
 ヒットは一本も打たれてませんが、1−0で負けている状況。
 残り2イニングは、もう1人のピッチャー君に託します。

 6回が終了しても1−0のまま。

 最終回、7回表の我がチーム攻撃は打順1番からでしたが、1,2番が凡退。
 3番の息子は、4番君に声を掛けて打席に向かいました。
 「絶対に塁に出てくるから、あとは任せた。」
 生意気な発言ですが、良い心掛けです。^^

 そして、センターオーバーをかっ飛ばしました。
 ダイヤモンドを駆け、ホームにヘッドスライディング、セーフ!!
 土壇場で同点に追いつきました。^^
 ヘッドスライディングしたままの状態でホームベースをバンバン叩いて喜んでいました。
 あまり派手なポーズをしない息子にしては、珍しいアクションでした。^^
 後で息子に聞いたら「ホームランの事よりもオレの負け投手が無くなったことを喜んでた。」って言ってました。
 相変わらず、素直にホームランを喜ばない息子です。^^;

 7回ウラは、ヒットを打たれ2,3塁のピンチ。
 1点も与えられない我がチームは前進守備。
 その内野の頭をポコーンと越えられて、サヨナラ負けでした…。

 1日で、サヨナラ勝ちとサヨナラ負けを経験しました。(どちらも2−1の接戦。)
 どちらの試合も接戦だったので、四球やエラーが得点に絡む怖さがハッキリと目立ちました。
 先頭に四球を与えてはいけないという事を十分に理解した息子のピッチングでもありました。

 *** おまけ ***
 そういえば…、ここ最近の試合って…
 その前の試合は8−9のサヨナラ負け。その前も4−5の特別延長サヨナラ負け。
 その前が3−4のサヨナラ勝ちです。なんと、5試合連続でサヨナラしてます。^^

 特別延長のサヨナラ負けは予選リーグ、なんとか決勝トーナメントには進めました。
 残りのサヨナラ負け2つは練習試合、サヨナラ勝ちは公式試合です。
 う〜ん、逆じゃなくて本当に良かった。^^

 こうやって、勝ったり負けたりして野球を楽しんでいます。^^
posted by スマイルヒット at 22:47| Comment(12) | TrackBack(0) | ■試合は楽しいね! | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。