2009年12月18日

狂歌【掛け声】


 野球を始めたばかりの純粋な子ども達が繰り広げる楽しいドラマ。

 野球小僧たちを取り巻く『 ありがちなシーン 』を短歌(狂歌)にしてみます。


 comic_tanka_20091118_1.JPG
 「ナイセンッ!」と 声掛けられて 苦笑い
  実は手が出ず 見逃しただけ  by 結果オーライ
 
 
 comic_tanka_20091118_2.JPG
 狙い球 ヒットのつもりが ファールでも 
  「ナイスカット!」と 声掛けられる  by 思い違い


 ◇◆◇◆◇◆◇
 バッターの時、きわどいボール球を見逃すと「ナイセンッ!」と声を掛けてもらえます。
 「ナイセンッ!」は「ナイス選球眼っ!」の略。
 ※一部、ナイスセンスの略と唱える方もいます。
 いずれにしろ、褒めてもらっています。^^
 でもね・・・、しっかりとストライクorボールを見極めた訳ではない場面もありますよね。
 インコースにズバッと来たのは、見逃したのではなく手が出なかったという事もしばしば。^^;

 ファールを打つと「ナイスカットッ!」と声を掛けてくれます。(実際には「ナイカッ!」って聞こえます。)
 ど真ん中だったり、得意のコースを打ち損じた場合でも褒めてくれます。
 まぁ、実際にはカットの技術を持ち合わせていなくてもいいですよね。^^
 たしか、漫画メジャーで四球になるまでカットし続けるキャラがいましたよね。
 今年の甲子園球児(2番バッター)にも「どう見てもファールしか狙っていないだろ。」と思う選手がいました。
 まぁ、野球を始めたばかりの子ども達には、“カットの技術”より“フルスイングでホームラン”から覚えなきゃね。^^
 
 「ナイセンッ!」にしろ「ナイカッ!」にしろ、声掛けはチーム全体で盛り上がっている感じです。
 打たれたくないバッテリーと打ちたいバッターの真剣勝負ですから、気持ちも入ります。
 だけど、熱が入りすぎて“相手チームをけなす声掛け”をするチームがいます。
 「ピッチャーコントロール悪いよ。」とかの掛け声は、聞いていると不快な感じがします。

 自チームを褒めたり励ましたりする声掛けOK。
 相手チームを貶したり馬鹿にする声掛けはNG。
 良いプレーには、敵味方関係なく褒め合う。
 こんな少年野球にしたいです。


  
 
posted by スマイルヒット at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ■少年野球の狂歌 | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

2ヵ月半ぶり

 息子のギブスがとれて数週間が過ぎました。
 ギブスは取れたものの ヘンテコリンなサポーターを装着しての生活でした。
 
 ギブスが取れれば直ぐにリハビリが始まると思っていたのですが…。
 直ぐにリハビリをしてはダメでした。
 病院に通って、患部に“電気”を当てる日々が続きました。

 そして、いよいよ 最終のレントゲンで状況確認。
 骨は完璧に完治したということでした。
 やっと次回の通院からリハビリになるようです。

 まだまだヒザの曲がりは鈍いです。
 ただし、骨が完治しているので足に体重などの負荷をかけるのはOK。
 膝の曲がりを治すには、衰えた筋肉を戻しながら行うとのことです。

 まぁ、医者に言われる前に徐々に体力強化を始めていましたが。^^;
 ギブスが巻かれていた1か月前でもキャッチボールしてました。
 過去記事参照 → こちらちょっとだけキャッチボール<2009.11.04>】
 http://genki100.seesaa.net/category/3033823-1.html

 ギブスが外れた後の体力強化については記事にしていません。
 が、外れたての時は、ウォーキングをしていました。
 最近は、軽いランニングもしていました。^^


 これからは、通院での筋肉強化のリハビリが始まるので完治まではあと僅かかな。
 毎日の自主練習も不安なく実施できるし、内容のバリエーションも増やせます。
 ヒザ曲がりは治っていないので無理は出来ませんが…。

 今日、息子が「バッセンに行きたい。」と言い出しました。
 そういえば、毎週水曜日は“親子で自主練習(主にバッティングセンター)”でした。
 
 よし、“運動OKの許可 記念”として行っちゃうか。ということで、行ってきました。^^
 

 約2ヶ月半ぶりバッティング練習です。
 まぁ、久しぶりなのであまり調子は良くなかったかな。^^;
 これから徐々に取り戻していくしかないですね。

 フォームや体力は衰えた感じですが、バッセンでの手順は覚えていました。
 スイング前の準備運動や、帰りのアイスクリームまで。^^
 過去記事参照 → こちらバッティングセンターの手順<2009.02.24>】
 http://genki100.seesaa.net/article/114767392.html
 こういうことは体に染みついてるもんですね。^^
 ただ、準備運動の“ヒザの屈伸”は出来ませんでした。


 また、今日のバッセンは、全打席900gのバットでスイングしていました。
 どうやら、来年からは785gの軽いバットをやめて900gバットに変えたいようです。

 しばらくは、リハビリ通いバットスイングの日々が続きます。^^

   
posted by スマイルヒット at 23:56| Comment(22) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

そこにいる&追いつく

 元ドラゴンズの川上憲伸投手がメジャーで頑張っています。
 本人としては、不本意なシーズンだったことでしょう。^^;
 そんな川上投手が改めて“ドラゴンズの二遊間”のすごさを実感したようです。

 それを聞いたドラゴンズの山本昌投手が こんな表現をしていました。
 投げていて「ヒットを打たれた。」と思ってボールの行方を追うと…
 井端選手は、ボールが飛んだ“そこにいる”
 荒木選手は、ボールに“追いついてしまう”

 投手にとって頼もしい二遊間なんですね。^^

 
 少年野球でも、バッターの打席(左右)はもちろん、バッターの体格や前打席の結果などから守備位置を考えてポジショニングしますよね。
 で、そこに飛んできたら、本当に嬉しい。^^
 プロ野球のように細かなデータは無いですが、それなりに考えてポジショニングをするのは良いことだと思います。
 結果、逆を突かれたら苦笑いですが…。^^;
 あっ、学童野球では怒っちゃだめですよ。
 結果が悪くて怒るようなら、結果が出る前にポジショニングを指示してあげてください。^^
 
 それにしても、荒木選手の“追いついてしまう”動きと守備範囲の広さに憧れます。
 “そこにいる”井端選手と“追いつく”荒木選手のプレーがなんとなく分かる動画↓
 

 
 守備範囲の広さと言うことで小坂選手の動画も張ります。↓
  RealPlayer

 いやぁ、惚れ惚れするなぁ。^^
 

  
 
posted by スマイルヒット at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

カッコイイ!審判

 とてもカッコイイ球審がいました。
 この身のこなしと動きは真似できません。
  RealPlayer
 この審判は、この演出用のダミー審判なのか?
 それとも、試合もジャッジする正式な審判なのか?
 どっちなんでしょうね。


 こっちの動画も、キャラクターが塁審に絡んでいます。
 この審判は迷惑そう。^^;
  RealPlayer
 観客がやたらと盛り上がっているから、お馴染みのパフォーマンスなのかな。
 マスコットが審判に絡んでいるシーンは、あまり見たことがないですよね。
 日本では選手と絡んでいるシーンはよく見かけます。^^

 審判の威厳が保てるのか…、いらぬ心配をしてしまいます。
 まぁ、見ていて楽しいですけどね。^^

 誰か、踊れる審判を目指してください。^^

  

 
posted by スマイルヒット at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

ピッチングの的(マト)

 ピッチング練習するとき、お父さんや友達がキャッチャーをしてくれる。
 もしくは、壁やネットを相手にピッチング練習をしてる。

 マンガの“MAJOR”では、吾郎君がマト当てをしているシーンがあります。
 major_comic_1.jpg major_comic_2.jpg
 幼稚園の塀にマトを張り付けてピッチング練習をしています。
 真ん中の丸に当てたらホームランを打たれるからダメ。
 だから、四隅の三角印を狙って投げるという設定シーンでした。
 吾郎君は、幼稚園時代から かなり高度な練習をしていますね。^^

 
 “おおきく振りかぶって”のエース三橋君は、自宅の庭で練習しています。
 ooburi_comic_1.jpg ooburi_comic_2.jpg
 ピッチングネットに、ガムテープを貼り合わせたものをぶら下げています。
 高さにも印をつけて、高め低め内角外角を細かく狙うようにしています。
 エース三橋君は、コントロールがメチャクチャ良いキャラ設定です。
 こんな練習をして努力をしているということが明かされるシーンでした。
 ガムテープの幅、そして狙った高さにコントロールする練習のマトです。
 この細かなコントロールを身に付けられたら本当にすごいピッチャーだ。^^
 

 うちの息子は…。
 小学6年生の夏休みに自由研究でピッチング練習をしました。
 マトに狙って投げてコントロールの統計を取る“遊び”じゃなくて^^“研究”でした。
 p_net.jpg 
 統計を取るため、ストライクゾーンだけでなくボールゾーンにも区切りがあります。
 壊れたピッチングネットにガムテープで区切り線をつけています。
 そのネットを壁に貼り付けて投げていました。
 うちの場合は、ど真ん中の“丸”に当たるように投げて“どれだけ乱れちゃうか^^;”を確認。
 吾郎君や三橋君の練習と比べて、レベルが低いですね。^^;

 実際のピッチング風景は過去記事参照
 こちら → 【秘密のブルペン<2008.08.28>】
 http://genki100.seesaa.net/article/105649970.html

 コントロール統計結果は過去記事参照
 こちら → 【浮いてるねぇ。<2008.09.03>】
 http://genki100.seesaa.net/article/105974567.html

 うちの息子はピッチャーが本職ではなかったので、ピッチングの練習量は少ないほうでした。
 私がキャッチャーとして相手をしてあげることもありました。
 2人でピッチング練習するのは楽しかった。^^
 
 息子1人では、やはり壁やネットに投げるしかないです。
 そんな時、ちょっとしたマトがあると なんとなく投げがいがありますよね。
 各家庭で個性豊かなマトを作るのもいいと思います。^^
 
 
 *** オマケ ***
 “ラストイニング”では、エース日高がチーム練習をさぼって隠れてフォーク練習。
 last inning_comic_1.jpg last inning_comic_2.jpg
 川原の高架下にマットを立てかけて投げ込む。
 それを見つけたマネージャーが、竹の棒とヒモでストライクゾーンを作ってあげてます。
 ストライクゾーンの少し下にもヒモを貼って、そのヒモにボールがかするように投げるマトです。
 ストライクゾーンからボールゾーンに落ちるフォーク練習用のマトですね。

  
 
posted by スマイルヒット at 23:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ■マンガで見た練習 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。