2009年11月24日

バッティング手袋 購入

 先日、エルボーガード、バッティングレガースをネット注文した記事を書きました。
 過去記事参照 → こちらエルボーガード購入<2009.11.19>】
 過去記事参照 → こちらバッティングレガース購入<2009.11.20>】

 この際、一緒にバッティング手袋も購入しました。
 中学になってから初めてのバッティング手袋購入です。

 クラブチームの練習では、バッティング手袋を着用して打撃練習を行うことになっています。
 チームからは、打撃に力を加えるためには必要なアイテムとして使用を推奨されています。
 ※ちなみに守備用手袋は禁止です。(捕手は例外)

 今年の春、ゴルフ用手袋の補強シートを使って学童時代に使っていた“破れた手袋”を復活させていました。
 前田モデル、松中モデル、アンダーアーマー×2という計4種も復活させました。
 よって、今まで新規購入はしなくて良かったのです。^^
 過去記事参照 → こちら復活!バッティング手袋<2009.5.12>】
 http://genki100.seesaa.net/article/119188686.html

 しかし、これらの手袋すべてがジュニアサイズ
 うちの息子も成長しているようで、ジュニアサイズでは小さすぎるようになりました。
 
 サイズを測ってみると、一般用のSサイズ(R社)がジャストフィット
 Sサイズとは、まだまだ可愛い おてて です。^^
 Mサイズでも何とかいけそうですが、バッティング手袋は消耗品なので、成長を見越して大き目を買う必要なし。
 手袋が大きすぎると、手袋の中で手が動いてしまい、本来の“力を伝える”を阻害してしまう。
 と言うことで、ジャストフィットのSサイズを購入。
 
 Batting gloves_09.11.24_1.jpg Batting gloves_09.11.24_2.jpg

 息子が気に入ったデザインを選びました。(今まで通り、が基調です。^^)

 この手袋の最大の特徴は、手のひら側です。
 写真では分かり難いかもしれませんが、手のひら全体がシリコーン加工というものです。
 テッカテカのエナメルみたいに見えますが、滑らないゴムっていう感じです。
 そりゃもう、すごく“グリップ力”を感じます。
 息子は、デザインも機能も大満足のバッティング手袋です。

 「軽く素振りは出来るんだけど、その時にこの手袋をはめてもいい?」と息子。
 「いやダメだ。軽く振るのに手袋はいらんっ。」と私。

 本気で力を伝える振りが出来るまで、この手袋は使用禁止ですね。^^

 骨折中なのに、アイテムが一気に増えた息子。
 今月中には、1か月前に注文したオーダー竹バットも届くはず。
 「早く治りたい。」と気持ちばかりが高ぶる息子。^^
 それでも、焦らず、無理せず、じっくりと治療に専念ですね。
 
  
posted by スマイルヒット at 22:42| Comment(10) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

狂歌【うわの空】


 野球を始めたばかりの純粋な子ども達が繰り広げる楽しいドラマ。

 野球小僧たちを取り巻く『 ありがちなシーン 』を短歌(狂歌)にしてみます。


 comic_tanka_2009_11_21_1.JPG
 監督を 囲んで座り ミーティング
  陰に隠れて 砂遊びする  by 後ろの子


 comic_tanka_2009_11_21_2.JPG
 秋空の グランド飛び交う 赤とんぼ
  ボール追わずに とんぼを追う子  by 昆虫博士
 

 ◇◆◇◆◇◆◇
 私が学童野球のコーチをしていた時を思い出します。
 低学年の子ども達を担当していた時期は、そりゃもう大騒ぎ。

 座って話をしていると、後ろの方の子が地面に字を書いたり小山を作ったり…。
 立って話をしていると、隣同士で小競り合いをする子がいたり…。

 いいいんですよ、子ども達は悪くないのさ。それが子どもってもんです。
 私の話術が足りないだけさ。^^
 

 とんぼや蝶々が飛んでいたら、そればかり気にしちゃったり…。

 まぁ、子ども達ってそういうもんです。
 私だってバッタやカブトムシが大好きだったもの。^^

 でもやっぱり、野球が好きな子ども達。
 プレーしているときのキラキラした瞳はかっこいい。
 良いプレーをして喜んでいる姿は可愛いもんです。^^

  
 
posted by スマイルヒット at 18:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ■少年野球の狂歌 | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

バッティングレガース購入

 レッグガードフットガードバッティングレガースなど、いろんな呼び名があります。

 leg guard_sample.JPG

 バッターの足首、甲、すねを死球や自打球から保護するアイテムです。

 昨日“エルボーガード購入”の記事を書きました。
 併せてバッティングレガースも購入しています。


 我が家が購入したバッティングレガース。

 leg guard_3.jpg leg guard_4.jpg
 leg guard_1.jpg leg guard_2.jpg

 下側にちょこっと出っ張っている部分で内側のくるぶしを覆います。
 一般的なレガースは、すねを中心に保護する形ですが、これは ふくらはぎ内側部分まで保護する形になっています。
 自打球がふくらはぎに当たった際、筋肉を痛めたり、肉離れの危険性があるのを防ぐコンセプトのようです。
 最近は、このような設計がされているものが増えてきたそうです。
 だから、右打者用と左打者用それぞれ別に販売されています。
 (ちなみにエルボーガードは、左右兼用がほとんどです。)
 
 もう一つのコンセプトは、走塁の負担軽減
 形を見れば一目瞭然ですが、足の甲を保護するベロが無いタイプです。
 足の甲にベロが付いていないので、装着の違和感がほとんどありません。
 足首も動かしやすいし、何より軽い。
 “足を活かせる選手”を目指している息子としては心惹かれる設計です。^^

 足の甲にボールが当たる可能性もあるのですが…、目を瞑ります。
 まぁ、すねやくるぶし、ふくらはぎといったストッキング部分に比べて、スパイクのほうが保護されているほうかな。
 右投げ左打ちの息子なので、スパイクのつま先はP革が付いているので多少の保護になるでしょうか。^^;
 ゴチャゴチャ書いていますが、結局のところ“走塁重視”が息子の意見でした。^^


 今、息子の右足にはギブスが巻かれています。
 このギブスが外れないと、バッティングレガースを装着できません…。
 ギブスが外れて、バッティングレガースを装着できる日を楽しみに待ちます。^^

 ***
 ネット注文で、店頭販売より安く購入できました。
 まとめ買いすることで送料負担もまとめちゃいます。
 だから、エルボーガード、バッティングレガースの他に打者アイテムをもう1点購入してます。
 そのアイテムは、…後日記事にします。^^
 
posted by スマイルヒット at 22:00| Comment(8) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

エルボーガード購入

 注文していたエルボーガードが届きました。
 elbow guard_1.jpg elbow guard_2.jpg
 打者のヒジを投手の死球から保護する目的で使用するものです。
  
 監督かコーチから「自分を守るために購入して使ったほうが良い。」と言われたようです。
 強制購入ではなく、推奨です。
 カッコ良いから付けるんじゃないぞ。無駄な怪我をしないために買った方が良い。という感じ。
 こんな時期(息子が骨折中)に言われると、購入意欲がメキメキ湧いてきます。
 息子は右投げ左打ちなので、死球の場合は右腕側に当たる。
 投げ手側なので、特に気を付けたいところ。

 怪我で長期離脱なんて もう嫌だぁぁっ!
 迷わず購入することにしました。

 何色でも良い(と言えど黒、白、紺)、リーグ指定メーカーならどこの物でも良い。
 まぁ、、安かろうが高かろうが、自分の好みでOKとのこと。
 ということで、我が家はR社のものを購入しました。
 ヤクルトの青木選手がパッケージに掲載されています。
 elbow guard_3.jpg elbow guard_4.jpg

 店頭で装着してみた感じ、息子も気に入りました。
 (結局、その店では買わずに お求めやすいお値段のネット注文しました。^^;)

 最初は、派手好きな我が家として“珍しい色”を探そうとしたのですが、無いですね。
 いろいろ探しても、ブラック、ホワイト、ネイビーばかりです。
 息子に好きな色を選ばせたら、ネイビーになりました。

 ちょっと調べてみたら、高校野球でエルボーガードの着用が一般的に認められたのは2002年なんですね。
 その2年前の2000年に投手だけ着用が認められたみたい。
 また、“色は黒、紺または白のいずれか一色とし、表面にはいかなる商標、マークもつけてはならない”というお決まりのルールもあります。
 この規定のおかげで色のバリエーションが少ないんだろうな。
**********
 高校野球用具の使用制限について
 【 一部引用:『財団法人 日本高等学校野球連盟』http://jhbf.or.jp/ 】
(1)対象
日本高等学校野球連盟ならびに各都道府県高等学校野球連盟が主催する各種高等学校野球大会および国民体育大会高等学校野球競技に参加するすべての参加者の用具に適用する。

(2)制限の実施(※1〜15、18〜20の引用記載は省略します。)
16.平成12年のシーズンインから、下記の事項を追加する。
 1.ユニホーム・ハイネックアンダシャツ・ヘルメット・ストッキング・スパイクへの標記を…(略)
 2.野手がまぶしくてプレイに支障が出る場合、サングラスの着用を認める。
 3.捕手の膝痛軽減用パッドの使用を認める…(略)
 4.エルボーガード・レッグガードの使用を投手と登板が予定される選手に限り認める。
 5.足首保護ガードの使用を事前に審判員に申し出て認めることとする…(略)

17.平成14年のシーズンインから、下記の事項を追加する。
 1.エルボーガードとレッグガードの制限廃止
 2.メッシュ・シースルーユニホーム着用時の留意点。
 3.ストッキングの商標規制
 4.打者用つや消しヘルメットの承認
 5.サングラスの商標の取り扱い(確認)
 6.守備時の手袋の使用制限緩和
 7.スパッツ系のアンダーシャツについて
 8.軟式バットの品名、品番、材質表示の大きさの制限緩和
**********


 とにもかくにも、腕に装着してニコニコしてた息子。^^
 新しいアイテムでウキウキです。
 でも、バットが振れるようになるまでは、まだまだ時間が掛かりそうです。
 息子が完全復活するまでは使用できません。我慢、我慢。
 「早く野球やりてぇーっ!」と息子が叫んでました。
 こうやって、ちょこちょこと息子の野球への思いを掻き立ててます。^^

 *** おまけ ***
 プロ野球中継を見ていると良く見かける光景。
 ヒットを打った選手が、エルボーガードをサッと取り外しランナーコーチに渡しています。
 「あんな風にカッコ良く外して渡したい。」と息子。
 イチロー選手がエルボーガードを外す時の姿を思い浮かべているようです。

 だぁかぁらぁ、カッコつけるためのアイテムじゃないっつうの。
 ヒットを打った時点ですでにカッコ良いんだよ。
 凡打や三振なら、ベンチに戻ってコソコソ外さなきゃいけないんだよね。

  

 
posted by スマイルヒット at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | ■大切な野球の道具 | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

いろんな審判がいるなぁ。

 審判講習に行った際、ジャッジのジェスチャーを習いました。
 基本的なジェスチャーを教えていただきましたが、審判によって少しずつアレンジしてますね。

 「大きな声で」「大きなジェスチャーで」プレーしている選手やベンチ、そして観客席に分かりやすくコールしなくてはいけません。
 ギリギリのプレー、選手のファインプレーなどは、その状況を盛り上げるためにも大きくジェスチャーするとの事でした。
 もちろん、威圧的なジェスチャーではなく、良いプレーを盛り上げるためです。
 
 ということで、審判のジェスチャー動画を探してみました。
 が、基本というよりは、かなりアレンジされたものが多い。^^
 参考にならないかもしれませんが、動画をアップしてみます。
 動画のような派手なアレンジは必要ないです。
 恥ずかしがらずに基本のジェスチャーをしっかりやろうと思ってもらえれば幸いです。

 ホームランも盛り上がる場面です。しっかり腕を回してジェスチャーします。
 【ホームランの時】
 
 学童野球でのスタンドインはほとんど無いと思います。
 でも、グラウンドルールなどでHRゾーンがある場合は、しっかりとHRのジェスチャーをしてあげたい。中学野球では、球場でもスタンドインする子がチラホラいますね。^^

 【外野フライキャッチアウト】

 地面スレスレでのキャッチも、しっかりとジェスチャーしないといけませんね。
 キャッチなのか?ノーキャッチなのか?どちらにしろ、分かりやすく大きくジェスチャーが必要ですね。キャッチであれば守備のファインプレー!ノーキャッチであればナイスバッティング!って気持ちでコールしたいです。

 【セカンドフォースアウト】

 
 【一塁セーフ(オフザバック?)】

 一塁は、一塁手の足がベースから離れた場合のオフザバックやお手玉した時のジャックルなどのジェスチャーがあります。
 オフザバックやジャックルでセーフになった場合、遠くの人は「何でセーフやねん!」と思っちゃいます。そこで、しっかりと「オフザバックでセーフだよ。」とジェスチャーします。

 【球審ストライクコール】
 これはオマケです。横にいる見えない敵のボディを殴っているみたいですね。^^
 
 格闘ゲームの必殺技みたいだなぁ。^^

 【サッカーの審判】さらにオマケ。
   RealPlayer
 いろんな審判がいますね。
 プレーよりも審判を見ちゃいそう。^^
 この審判のイエローカードを出すジェスチャーで“ストライクコール”したら人気が出るかな。
 いや、ピッチャーが笑ってしまって投げられなくなるか。^^;
 
posted by スマイルヒット at 22:40| Comment(6) | TrackBack(0) | ■少年野球の雑談 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。